ワイナリー情報

  • 歴史・受賞歴
  • ワイナリー案内
  • アクセス・ビデオ視聴および試飲のご案内

ワイナリー案内

ワインの醸造を行うサントネージュ山梨ワイナリーをご紹介します。

  • コルクの木
  • 破砕場
  • 地下貯蔵庫
  • 製造ライン
  • ゲストホール

ポイントその1 コルクの木
ワインの栓となるコルクの木、見たことありますか?

この木の皮をくり抜いたものがコルク栓です。

サントネージュワイナリーにはコルクの木が植えられています。日本では珍しい木なんですよ。
コルク栓は木の皮をはがしくり抜いたものです。

ポイントその2 破砕場
摘み取ったぶどうは、ここで茎を取り除きます。

ぶどうの収穫時期は9月から10月。
工場に運ばれてきたぶどうはまず、こちらの破砕場で“くき”が取り除かれます。
そして果汁を搾り醗酵させていきます。

ポイントその3 地下貯蔵庫
たくさんの樽と瓶が並ぶ圧巻の貯蔵庫です!

こちらが地下の貯蔵庫です。
暗い地下でたくさんのワインが眠っています。ビンや樽に入れたワインの、貯蔵年数は2年から3年。なかには5年から10年のものもあります。

ポイントその4 製造ライン
ここで出来たてのワインが製品となります。

いよいよ熟成が終わりビン詰めです。
こちらの充填ラインでワインがビン詰めされています。充填能力は1時間に約6,000本。ラベルを貼り箱詰めをして、完成です。

ポイントその5 ゲストホール
ワインの試飲ができます。

ゲストホールでは、ワイナリー見学にいらしたお客様にビデオ視聴、無料試飲を実施しております。
いろいろなタイプのワインがございますのでこちらでお気に入りのワインを見つけてみませんか?
お子様・お車を運転される方にはジュースをご用意しております。