• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒワインコム > 特集 バレンタインにはワインを主役に! チョコレートとのマリアージュ・ギフト。 (1) 

バレンタインにはワインを主役に! チョコレートとのマリアージュ・ギフト。

バレンタインのテーブルを大人向けに演出するなら、
ワインやスパークリングワインを主役にするのがいちばん!
華やかな味わいのものを選べばチョコレートとの相性も良く、
見た目もバレンタインギフトにぴったりです。

今回は、本格スウィートワインの「ハート・ビーツ」と、
スパークリングワイン「ガンチア」の味わいを引き立てる
バレンタインにぴったりのチョコレートレシピをご紹介します。
手が込んでいるように見えますが、作り方はいたってシンプル!
どなたでも簡単にトライできます。

毎年ギフトに頭を悩ませる方も、
今年は新しいものをセレクトしたい方も、ワインとチョコレートの
マリアージュならハートもぐっとつかめるはず!
お好みのワインとチョコレートを用意して、
バレンタインの甘いひとときを楽しみましょう。

ハート・ビーツ
若山曜子さん 「ワイン大好き!」という料理研究家の若山曜子さんに教えていただきました!

料理研究家
東京外国語大学フランス語学科卒業後、パリのル・コルドン・ブルー、エコール・フェランディに留学。
パティシエ、ショコラティエなどのフランス国家資格を取得後、パティスリーやレストランで経験を
積み帰国。現在は、少人数制の料理教室を主宰するほか、雑誌やテレビでも活躍。
著書に『板チョコ1枚から作るかわいいチョコレートのお菓子』(主婦の友社)他多数。

■若山さんのホームページ http://www.tavechao.com/

ハート・ビーツ

カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー、シラーといった本格的なぶどう品種を使用して造られた、コクのある甘口ワイン。ハートが散りばめられたポップなボトルデザインは、バレンタインにはもちろん、友人たちとの気軽なパーティーでも、テーブルを華やかに演出します。

HEART BEATS/ハート・ビーツ

ハート・ビーツ・カベルネ・ソーヴィニヨン・メルロー・スウィートにぴったりのチョコレートサラミ

「カットすると、まるでサラミのように見える印象的な一品。スライスしていただくと、ワインのおつまみとして味わうことができます。チョコレートに加えるトッピングは、ドライイチジクやお好みのナッツ類でも、ハート・ビーツ・カベルネ・ソーヴィニヨン・メルロー・スウィートによく合います」

チョコレートサラミ

つくり方

STEP 1.
チョコレートを細かく刻んでボウルに入れる。電子レンジや小鍋で沸騰直前まで熱した生クリームを加えて静かに混ぜ、常温に戻したバターも加えてよく混ぜる。
STEP 2.
@にラムレーズン、くだいたビスケット、クルミをざっくりと混ぜ、ラップの上でサラミ状にまとめてくるくる巻く。冷蔵庫で1時間以上冷やす。
STEP 3.
仕上げにココアパウダーと粉砂糖をふり、お好みの大きさにスライスする。

材料(直径3〜4pのサラミ1本分)

  • チョコレート
  • 100g
  • バター
  • 大さじ2
  • 生クリーム
  • 70ml
  • ラムレーズン
  • 大さじ2
  • ビスケット(くだいたもの)
  • 1/3カップ分
  • クルミ
  • 大さじ2
  • ココアパウダー
  • 少々
  • 粉砂糖
  • 少々

ハート・ビーツ・カベルネ・ソーヴィニヨン・メルロー・スウィート"

ハート・ビーツ・カベルネ・ソーヴィニヨン・メルロー・スウィート

<若山さんコメント>

「女性が大好きな、甘口でふくよかな味わいの赤ワインですね。カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローといった本格的なぶどうの渋みや果実味も感じられ、しっかりとしたコクもあるので、男性からも好まれそうです。このワインにチョコレートを合わせるなら、少し苦みのあるカカオ60%以上のチョコレートを選ぶのがおすすめ。ドライフルーツやナッツを加えると、赤ワインのボディ感がよりいっそう引き立ちますよ」

i メモ

「ラップでサラミ状に巻くとき、きれいに成形しなくても、少し手形が残るくらいの自然な形でOKです。カットする際は、ナイフを少し温めておくと、きれいな切り口になります」

ハート・ビーツ・シラー・ロゼ・ミディアム・スウィートにぴったりのフォンダンショコラ

「ミディアム・スウィートなロゼワインの味わいに合わせ、口どけのやさしいチョコレートデザートを用意しました。熱々のうちにサーブして、とろりとしたチョコレートをスプーンですくいながら味わいましょう」

フォンダンショコラ

つくり方

STEP 1.
細かく刻んだチョコレートと無塩バターをボウルに入れ、湯せんにかけて溶かす。
STEP 2.
別のボウルに卵と砂糖を入れ、泡だて器で溶きほぐす。粗熱がとれた@に加えて混ぜ、薄力粉も加えてよく混ぜる。
STEP 3.
Aをカップの7分目まで流し入れる。190℃のオーブンで10分程焼く。

*Aをカップに流し入れる際、隠し味としてラズベリーなどベリー系のフルーツをトッピングしても、フルーティなロゼワインとマッチしておすすめです!

材料(2カップ分)

  • チョコレート
  • 50g
  • 無塩バター
  • 50g
  • 1個
  • 砂糖
  • 大さじ2
  • 薄力粉
  • 20g

ハート・ビーツ・シラー・ロゼ・ミディアム・スウィート

ハート・ビーツ・シラー・ロゼ・ミディアム・スウィート

<若山さんコメント>

「甘みの中にすっきりとした酸味もある、バランスのとれた味わいのワインですね。さわやかな果実味を感じられるので、チョコレートにフルーツをトッピングするのもおすすめです。ロゼの鮮やかな色合いが引き立つように、淡いピンク色のクロスやお皿を使うとテーブルがより華やかになりますよ」

i メモ

「使用する器はデミタスカップのほか、ココットなど深さのある耐熱容器でも代用できます。チョコレートがとろりと溶けるように、中まで火が通り過ぎないように注意して焼き上げましょう」

ページの先頭へ
つづきを読む 次ページ

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。