• はい
  • いいえ

その美しさをもっとあなたの日常に!さらに美味しく、もっと楽しく。スパークリングワイン

  • トップ
  • 商品ラインアップ
  • 今日から使える基礎知識
  • シーンに合わせた選び方 おすすめスパークリングワイン
  • おすすめレシピ
  • 美味しい飲み方

スパークリングワインとは?

スパークリングワインの背景を知れば、楽しみ方がもっと広がるはず。まずは簡単な基礎知識からはじめてみませんか?

スパークリングワインってなに?

スパークリングワインとは?

スパークリングワインとは発泡性ワインの総称で、二酸化炭素による泡を特徴とし、含まれる二酸化炭素の量(泡の量)に応じて、弱発泡性ワインと強発泡性ワイン(通常の発泡性ワイン)に分けられます。
弱発泡性ワインにはフランスのペティヤン、ドイツのパールヴァイン、イタリアのフリザンテなどがあり、二酸化炭素の含有量は強発泡性ワインの25-50%ぐらいが通常です。
強発泡性ワインには,フランスの、シャンパン、クレマンやヴァン・ムスー、イタリアのスプマンテ、プロセッコ、ドイツのゼクト、シャウムヴァイン、スペインのカヴァなどがあり、米国、オーストラリアなどでも良質のスパークリングワインが造られています。

シャンパンとは?

これらのスパークリングワインは、各々、使用ぶどう品種、産地、製法、貯蔵期間などの面で一定の法的規制を受けています。例えば、シャンパンはフランス・シャンパーニュ地方の限定された地区で、限定された条件をクリアして生産されたものだけが名乗れるAOCワインの名称です。
強発泡性ワインの中で最も著名なものは、このシャンパンですが、最近では、発泡性ワインの消費が拡大するにつれて、シャンパンにこだわらず、各国のスパークリングワインが幅広く飲まれるようになってきました。

スパークリングワインはどうやって作られるの?

スパークリングワインの製法は大きく分けて3種類に分類されます。シャンパーニュ方式、シャルマー方式、二酸化炭素吹き込み方式です。

シャンパーニュ方式
シャンパン(フランス)
カヴァ(スペイン)等
瓶に詰めたスティルワイン(通常の非発泡性ワイン)に糖分と酵母を加えて密栓し、そのスティルワインをベースに瓶内でさらに発酵を起こさせる製法。スティルワインを造るときの発酵(一次発酵)と区別して、この瓶内での発酵を二次発酵と呼びます。瓶内でのゆっくりした発酵とその後の瓶内での熟成が、きめの細かい泡を造りあげます。
スペインのすべてのカヴァ、ドイツのゼクトの一部、イタリアのスプマンテの一部などもこの製法で造られ、それぞれにすばらしい品質とコストパーフォーマンスを持っています。二酸化炭素によるガス圧力は5-5.5気圧(20℃で)にも達します。
シャルマ方式
スプマンテ(イタリア)
ゼクト(ドイツ)等
二次発酵を瓶内ではなく、密閉耐圧タンク内で行う製法(スプマンテ、ゼクトの大部分がこの製法)で、フレッシュ・フルーティーなスパークリングワインの製造に適した方法です。ガス圧力はシャンパーニュ方式よりやや低いのが多く3-4.5気圧程度になります。
二酸化炭素吹き込み方式 スティルワインに二酸化炭素を吹き込む製法で、泡はやや粗いものの、スッキリ系で安価なスパークリングワインの製造に用いられます。ガス圧は2.8-3.8気圧程度が通常です。

厳しい条件をクリアしたスパークリングワイン

各国のスパークリングワインは各々の国のワイン法による規制を受けています。
例えば、シャンパンでは、ぶどう産地がフランス最北のぶどう栽培地であるシャンパーニュ地方の一定地区である上に、黒ぶどうのピノ・ノワール種、ピノ・ムニエ種、白ぶどうのシャルドネ種の3品種しか使用できません。さらに、製法もシャンパーニュ方式が義務付けられています。
同様に、スペインのカヴァも特定品種を使用し、シャンパン方式が必須である上に、熟成期間などでの規制をうけており、イタリアのアスティ・スプマンテにおいても産地、品種、製法などの面で規格が定められています。
asahiwine.com トップへ戻る

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。