• はい
  • いいえ

その美しさをもっとあなたの日常に!さらに美味しく、もっと楽しく。スパークリングワイン

  • トップ
  • 商品ラインアップ
  • 今日から使える基礎知識
  • シーンに合わせた選び方 おすすめスパークリングワイン
  • おすすめレシピ
  • 美味しい飲み方

スパークリングワインの美味しい飲み方

スパークリングワインを美味しく飲むために、飲み頃の適温、栓の抜き方と注ぎ方のポイントをご紹介します。

美味しく飲むには温度が大切

シャンパンやスパークリングワインは、その発泡性を生かすためによく冷やしてから飲みましょう。また、温度が高いと二酸化炭素が膨張して抜栓時にその圧力で中味が噴き出したり、ガスが抜けやすく、ワインの風味が落ちたりするので、一定の温度を保つことが大切です。
適温は4〜8℃。ワインクーラーを用意して、3分の1ずつ水と氷をはり、その中にボトルネックまで瓶を沈めておけば、25〜30分でちょうど飲み頃の温度になります。

甘口は4℃
食後のデザートワインによく飲まれる甘口は、4℃くらいにキリッと冷やした方がワインの甘味と酸味のバランスが良くなり風味が引き立ちます。

辛口は6〜8℃
シャープでスッキリとした爽快な味わいの辛口は6-8℃が適温。食前酒としても飲まれる辛口は冷やし過ぎないのがポイントです。

栓抜きはスマートに

シャンパンやスパークリングワインの抜栓時に、大胆なパフォーマンスでポーンと音を立てながらコルクを飛ばす行為、実はとても不作法です。室内でコルクを飛ばすと人や物に当たる危険性があり、二酸化炭素によって吹き出したワインが周囲の人にかかってしまうので要注意。
ちょっとしたコツを覚えてスマートな抜栓を心がけたいものですね。大切なのは大きな音をたてないこと。正しいマナーでシャンパンやスパークリングワインを振る舞いましょう。

正しい抜栓の手順

1 キャップシールをはずします
キャップシールの上部を取ります。
※抜栓前にワインを十分に冷やしておきます。
2 コルクの留め金を緩めます
ナプキンをかぶせ、親指でコルクの上部を押さえながら
コルクを覆っている留め金を緩めます。
※コルクがボトル内のガスの圧力で飛び出さないように注意します。
3 コルクを抜きます
ナプキンの上からコルク部分と留め金の上部をしっかりと押さえながら、ボトルの底の部分をゆっくり回してびんの口からガスを抜くようにし、ボトル内のガス圧を利用して抜栓します。
※「ポーン」という大きな音はできるだけ控え、なるべく無音で抜栓するほうが望ましいです。
4 状態と香りをチェックします。
抜栓後、ナプキンでびんの口を拭き取ります。
コルクのチェック(状態と香り)を忘れずに。

美しい注ぎ方のコツ

華やかなシーンにふさわしいスパークリングワイン。注ぎ方も美しく演出したいものです。
まずは抜栓した発泡性ワインの泡を落ち着かせます。注ぐ前に布ナプキンでボトルの口を軽く拭き、静かに2〜3回に分けてグラスへ注ぎます。量はグラスの半分よりやや多めを目安にし、複数の人へサービスする場合は、量が均一になるよう注ぐのがコツ。
2杯目以降は、ワインクーラーで冷やしておいたボトルから、水が滴り落ちないように布ナプキン等でしっかりと水分を拭うのがポイント。水滴がゲストの服、テーブルやグラスの中に落ちないよう、瓶底にタオルを当てて注ぎましょう。

保存するにはどうしたらいいの?

ご家庭でスパークリングワインを保存する場合は、以下の条件下での保管がベストです。
1、温度は年間を通じて12〜15℃
2、湿度は70〜75%
3、暗い場所で、必要な時のみ点灯できる場所
4、振動は避ける
5、臭いの強いものと一緒に保管しない
6、ボトルを横に寝かせ、ラベルを上に向けた状態で保管
難しい場合は、なるべく温度変化が少なく、光が当たらない、キッチンの床下収納などで保管するのがよいでしょう。
飲み残しは、スパークリングワイン専用のストッパーでしっかりと栓をして保存してください。
ただし、香りの強いものと一緒に保管すると、ワインに香りが移るので、ご注意ください。
要注意なのは、長期間、冷蔵庫に入れておくこと。保存温度が低すぎると、コルクを通して入ってくる酸素が多くなり、品質の劣化が早くなることがあります。(スパークリングワインではそれほど多くはありませんが)
asahiwine.com トップへ戻る

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。