• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒワインコム > ワインを選ぶ > フランス > シモネ・フェブル > クレマン・ド・ブルゴーニュとは? 

シモネ・フェブル France 〈フランス〉

  • ブランド紹介
  • シャブリとは?
  • クレマン・ド・ブルゴーニュとは?
  • インタビュー
  • 商品紹介
  • ブランドTOP

シャンパンに匹敵する味わい

クレマンとは、シャンパンと同じ伝統製法(瓶内二次発酵方式)を用いて造られた、フランスの定められた地域で造られるスパークリングワインのこと。現在フランス国内に7つのA.O.C.があり、シモネ・フェブルが造るクレマンは、クレマン・ド・ブルゴーニュ(ブルゴーニュ地方のクレマン)に属しています。

クレマン・ド・ブルゴーニュは、シャンパン同様シャルドネとピノ・ノワールを基本品種として造られることから、シャンパンに匹敵する味わいのクレマンとして知られています。しかもシャブリ地区はシャンパーニュ地方のすぐ南に位置し、土壌も同じ石灰岩質土壌。気候も同じく冷涼です。そんなシャブリ地区において唯一クレマンを手がけているワイナリーが、シモネ・フェブルです。

シモネ・フェブルは1840年の創業時よりスパークリングワインを手がけ、シャンパンと同じ伝統的な瓶内二次発酵方式を継承してきました。ぶどう品種はシャルドネとピノ・ノワールに限定し、収穫はすべて手摘み。さらには法定期間の約2倍にあたる最低24カ月の熟成を行っています。にもかかわらず、シャンパンのおよそ半額で楽しめることから、ワイン通の間では非常に高い人気を誇っています。

シモネ・クレマン・ド・ブルゴーニュ

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。