• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒワインコム > ワインセミナー&テイスティング リポート 
ジネステセミナー リポート

世界最優秀ソムリエ セルジュ・デュブス氏によるジネステワインセミナー

去る某日、1989年の世界最優秀ソムリエであり、 ジネステのブランドアンバサダーでもあるセルジュ・デュブス氏を招いて、 飲食店様向けのジネステワインセミナーが開催されました。 取り上げたワインは、定番商品である「ジネステ・ボルドー」の赤白、 新しく発売となった「ジネステ・プレステージ」の赤白、 同じく「ジネステ・セレクション」のカベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネの計6本。 それぞれのワインに合わせて、和食ベースのフィンガーフードも用意されました。 デュブス氏によるジネステワインセミナーの様子をお届けします。

セルジュ・デュブス (Serge Dubs)
セルジュ・デュブス氏
セルジュ・デュブス (Serge Dubs)
PROFILE
1953年フランス・アルザス地方のストラスブール生まれ。1989年の世界最優秀ソムリエであり、ソムリエとして40年近いキャリアを持つ。現在はアルザス地方の3つ星レストラン「オーベルジュ・ド・リル」でシェフソムリエを務める傍ら、ワインに関する講演・普及活動を世界各地で行なっている。フランスソムリエ連盟会長、国際ソムリエ協会副会長を兼任。また「ジネステ」のブランドアンバサダーとしても活躍する。
  • セルジュ・デュブス氏
ボンジュール!

みなさん、こんにちは。セルジュ・デュブスと申します。 本日はみなさんの前で、フランスワインについて、そしてジネステのワインについて語れることを誇りに思います。どうぞよろしくお願いいたします。

私は1989年にはじめて来日して以来、すでに25、6回ほど日本を訪れています。日本の風土、食、文化、日本の方々に触れ合ってきて、私自身、日本という国に非常に強いシンパシーを感じています。

ですから日本という国で、ワインを通してみなさんと時間を共有できることをうれしく思います。

私は幸運なことに、ソムリエコンクールで何度か賞をいただいていますが、私の知識をみなさんにひけらかしにきたわけではありません。このセミナーを通して、ワインそのもの、あるいはジネステというワインについて、なにか新しい発見をしていただければと考えています。

では、さっそく白ワイン3本からはじめていきましょう。

セルジュ・デュブス氏
豆富田楽〜白田楽味噌 黒胡麻 振り柚子
「ジネステ・セレクション・シャルドネ2009」について。

このワインはAOCではなく、ヴァン・ド・ペイ(地ワイン)のカテゴリーに属します。正確には「Vin de Pays de L'atlantique」。いわゆる大西洋沿岸地域のヴァン・ド・ペイです。地域でいうと、ボルドーのあるジロンド県を中心に、シャラントやシャラント・マリティーム、ドルドーニュを含む、かなり広範囲なヴァン・ド・ペイとなります。ご存じのように、シャルドネはボルドーの主要品種ではありませんが、アトランティック地域では広く栽培されています。

ヴァン・ド・ペイですから、当然価格帯は手頃なものになります。とはいえ、ジネステが手がけるわけですからクオリティーは高い。それが「ジネステ・セレクション」の最大の魅力ですね。

では、シャルドネをテイスティングしていきましょう。色は輝きがしっかりとしたストローイエロー。香りはすっとして気持ちがいいですね。エルダーフラワー、青リンゴ、若干のトースト香、そしてやさしくピュアな香りがします。

口に含むと、冷たくすっきりとした印象です。しかし攻撃的なところはありません。あくまで明るくクリーンですね。ノドの渇きをいやすフレッシュネス。そしてクリーンなこと。この2つが最大の特長です。それを活かすために10℃前後でサーヴしてみました。あまり冷やしすぎるとこの香りが閉じてしまいますから。

お料理は「豆富田楽〜白田楽味噌 黒胡麻 振り柚子」を用意しました。味噌が少し甘いぶん、口のなかを支配しますが、ワインのフレッシュさが徐々に馴染んでいくかと思います。なかなか面白い組み合わせですよね。

  • 1 「ジネステ・セレクション・シャルドネ2009」について。
  • 2 「ジネステ・ボルドー・ブラン2009」について。
  • 3 「ジネステ・プレステージ・ブラン2009」について。
  • 4 「ジネステ・セレクション・カベルネ・ソーヴィニヨン2008」について。
  • 5 「ジネステ・ボルドー・ルージュ2008」について。
  • 6 「ジネステ・プレステージ・ルージュ2007」について。
セルジュ・デュブス×洞口健一 2人のワインのプロが「ジネステ」を語る。
ジネステセミナー リポート

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。