• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒワインコム 

レイモンド America <アメリカ>

NAPA VALLEY Raymond

カリフォルニア ナパ・ヴァレー ナパ・ヴァレー セントヘレナ地区 ラザフォード地区 ジェイムス・キャニオン

オールド・ナパ・ヴァレーの誇り。

サンフランシスコの北に位置し、カリフォルニアワインの一大銘醸地と知られるナパ・ヴァレー。
古くからワイン造りに携わってきたレイモンド一家は、
1933年、このナパ・ヴァレーに居を移しました。
1970年にはロイ・レイモンドが二人の息子たちとともに、
一家の名を冠したワイナリー「レイモンド・ヴィンヤード」を設立。
以来、ナパの気候や土壌を知り尽くした彼らのワインは、
アメリカはもとより世界中で高い評価を受けています。
かつて旧ソ連のゴルバチョフ大統領が訪米した際、
アメリカ大統領主催の歓迎昼食会にレイモンドの
シャルドネが選ばれたことからも、
その実力がうかがえます。

テロワールを活かしたワイン造り。

「レイモンド・ヴィンヤード」があるのは、ナパ・ヴァレーのほぼ中央部、
多くの著名なワイナリーが立ち並ぶラザフォード地区です。
1970年の創業時に90エーカーだったエステート(自社畑)は、
現在ではセントヘレナ地区やジェイムソン・キャニオン地区も加え300エーカーにも及んでいます。
さらには古い付き合いの契約農家からもぶどうを調達し、
ナパ・ヴァレーの地域特性を最大限に活かしたワイン造りを行っています。

3つの地区のエステート。

「レイモンド・ヴィンヤード」があるラザフォード地区は、
ナパ・ヴァレーのなかでも特に著名なワイナリーが並ぶ銘醸地。
“カリフォルニアのポイヤック”と例えられるほどで、
メルローやカベルネ・ソーヴィニヨンを主とした質の高いボルドー系のぶどうが栽培されています。
そのすぐ北に広がるセントへレナ地区も同様に、多くの有名ワイナリーが居を構え、
ナパ・ヴァレーで最も賑わっているエリアです。
一方、ナパ・ヴァレーの南端に広がるジェイムソン・キャニオン地区は、
南のサン・パブロ湾からの海風が吹き抜けるやや冷涼なエリア。
それゆえ同地区は白ぶどうのシャルドネの
名産地として知られています。

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。