• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

サンタ・ヘレナがお届けする“頂点”という名のワイン ラ・プンタ La Punta サンタ・ヘレナがお届けする“頂点”という名のワイン ラ・プンタ La Punta

凝縮感のある果実味と 上質な深みを実感 凝縮感のある果実味と 上質な深みを実感

サンタ・ヘレナ・ラ・プンタ・レセルヴァ・ シャルドネ サンタ・ヘレナ・ラ・プンタ・レセルヴァ・ シャルドネ

シトラスや白桃のような香りに加えて、パイナップルなどのトロピカルフルーツ系の香りが調和しています。
シャルドネを主体とし、ヴィオニエなどの芳醇な香りのぶどう品種とブレンドしており、心地よい酸味とフレッシュな果実味のバランスがとれたワインです。

ぶどう品種 / シャルドネ、ヴィオニエ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリング

サンタ・ヘレナ・ラ・プンタ・レセルヴァ・ カベルネ・ソーヴィニヨン サンタ・ヘレナ・ラ・プンタ・レセルヴァ・ カベルネ・ソーヴィニヨン

カベルネ・ソーヴィニヨンを100%使用。
プラムやベリーの華やかな香りやカシスのニュアンスに加えて、バニラやチョコレートの香りが調和しています。心地よい酸が凝縮感のある果実味をもたらし、なめらかなタンニンとまろやかな余韻を楽しめます。

ぶどう品種 / カベルネ・ソーヴィニヨン

上質なワインが 生み出される 醸造のこだわり 上質なワインが 生み出される 醸造のこだわり

赤ワインでは、マイクロオキシジェネーション※1と呼ばれるボルドーの高額ワインでも用いられる、口当たりやわらかなワインに仕上げる製法を採用し、果実味豊かで上質な深みを実現しています。

また、白ワインでは、発酵前にぶどうの果皮から成分を抽出するスキンコンタクト※2と呼ばれる製法を採用。華やかな香りでフレッシュな果実の味わいに仕上げています。

高品質なぶどうの持つ可能性を醸造家たちが最大限に引き出すことで、気品のあるワインが造りだされるのです。

※1)発酵中、または貯蔵中の赤ワインにセラミック性の筒を通じて酸素の微泡を吹きこみ、ポリフェノールの酸化を促進し、口当たりやわらかなワインに仕上げる製法。

※2)ぶどうを破砕した後にすぐにプレスをせずに果汁に果皮を浸す製法で、通常白ワインでは行われない「醸し」を意図的に行う醸造方法です。果皮にはぶどうの特徴が多く含まれていることから、ワインにブドウ品種の個性を強く与えることができます。

イメージ イメージ

ぶどうの樹とハーブが 共生する畑 ぶどうの樹とハーブが 共生する畑

「ラ・プンタ」のぶどう畑の一角には、カモミールやカリフォルニアポピー、セントジョーンズワートなど多様なハーブが自生しています。
ぶどうの樹とハーブを共生させることで、ぶどうに悪影響を及ぼす病害虫がハーブに寄せ付けられ、ぶどうの樹を健全に保つことに役立っています。 そのため減農薬で高品質のぶどう栽培が実現できました。

イメージ
イメージ イメージ
イメージ

白ワインの品質と香りへのこだわり ナイトハーヴェストをする 3つの理由 白ワインの品質と香りへのこだわり ナイトハーヴェストをする 3つの理由

イメージ
1 香り 1 香り

ラ・プンタの白ワイン用のぶどうは、3月の気温の低い夜に行われます。ぶどうの香り成分には、夜間に作られ、日中は減少していくものが一部あります。そこで、夜間に収穫することで、ぶどうの持つ最もよい香りの成分を極力逃さないようにしています。

イメージ
2 味わい 2 味わい

うま味成分である「アミノ酸」も夜間に蓄積されることから、夜間に収穫しています。

イメージ
3 品質 3 品質

また、白ワインはぶどうを搾汁した果汁を発酵させますが、搾汁の工程で果汁が酸化されてしまうと好ましくない香りが出てしまいます。果汁の酸化は、温度が低い方が起こりにくいため、夜間に収穫した、温度の低いぶどうを搾汁することで良質な白ワインを造ることができます。

イメージ イメージ

チリの名門ワイナリー 「サンタ・ヘレナ社」 とは チリの名門ワイナリー 「サンタ・ヘレナ社」 とは

「ラ・プンタ」は、ぶどうの栽培、醸造技術、上質な味わい、すべてにおいて“頂点”を目指してつくられています。
その「ラ・プンタ」を手がけるのは、チリの名門ワイナリー「サンタ・ヘレナ社」。 創業は1942年。いち早く海外進出を果たし、現在はヴィニャ・サン・ペドロ・タラパカ・ワイングループに属しています。
高品質なチリワインの産地として、近年世界から注目を集めているコルチャグア・ヴァレーを拠点として、 ワインの品質に磨きをかけています。

SANTA HELENA SANTA HELENA

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。