• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒワインコム > ワインを知る > 知識を深める > オーストラリアワインを極める 
国・産地

オーストラリアワインを極める

世界一大きな島であり、また世界一小さな大陸であるオーストラリア。世界で6番目に広いと言われる国土は、熱帯から温帯にかけて広がり、その広さゆえ地域によって気候風土に特徴があり、約60%は乾燥地帯です。ぶどう栽培が行われているのは、主に南部、南緯31〜43度の地域。特に南東部と南西部は温暖な地中海性気候に恵まれ、土壌は石灰質で水はけも良く、ぶどう栽培に適した特性を備えています。

また生産地域が広範囲なため収穫量や品質は例年安定しています。
オーストラリアのワイン造りの歴史は200年余とまだ浅いものですが、現在のぶどうの栽培面積は15万ha、ワイン生産量は約9,620,000hlで、生産量については世界のトップ10に名を連ねています。

オーストラリアの主なぶどう栽培地域は、南オーストラリア、ヴィクトリア、ニュー・サウス・ウェールズの3つの州が中心で、そのほかに西オーストラリア州、クイーンズランド州、タスマニア州などがあります。かつては酒精強化ワインの生産が盛んでしたが、現在ではスティルワインの生産が約90%を占め、輸出が全体の約60%を占めています。

南オーストラリア州

South Australia

南オーストラリア州は、オーストラリア最大の生産地域。夏は暑く、冬に雨が多い気候はぶどう栽培に適している。

バロッサ・ヴァレー
Barossa Valley
主な
ぶどう品種
赤:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カルメネール、マルベックなど。
白:セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネなど。
ワインの
特徴
赤:品種の特性が生かされたバランスのよい、コクのある繊細でまろやかな口当たり。
白:香り高くすっきりとしたキレ、調和のとれた味わい。
クナワラ
Coonawarra
主な
ぶどう品種
赤:カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーズ、ピノ・ノワールなど。
白:シャルドネ、リースリング、トラミナーなど。
ワインの
特徴
赤:優雅で芳醇な香りをもち、厚みとコクのあるタイプ。
白:フルーティで、しっかりとした酸味の優雅な辛口タイプ。

ニュー・サウス・ウェールズ州

New South Wales

シドニー、キャンベラを中心にオーストラリアワイン発祥の地として知られ、オーストラリア全体の約33%を生産している。特にハンター川の下流のローワー・ハンター・ヴァレー、アッパー・ハンター・ヴァレーでは重ローム層に覆われた砂と礫の土壌で、シラーズから重厚な赤ワイン、シャルドネやセミヨンから辛口の白ワインが生産されている。また、カベルネ・ソーヴィニヨンやピノ・ノワールなどから長期熟成タイプの力強い赤ワインも造られている。

西オーストラリア州

West Australia

生産量は全体の約2.4%程度とわずかだが、パース近郊のスワン・バレーを中心にワインが生産されている。また近年はマーガレット・リヴァーやグレート・サザンなど新しい地域が開発されている。
オーストラリアの歴史は、フィリップ大佐に率いられイギリス人入植者たちがシドニー港に到着した1788年に始まります。そしてぶどう栽培とワイン造りが始まったのは1800年代のこと。その後、ヨーロッパの品種が大量に持ち込まれ、ワイン造りが盛んになりました。やがて、イギリスにワインを輸出するまでになり、その生産量は拡大していきます。1892年に創立されたワイン醸造専門学校ローズワーシー・カレッジの存在も、オーストラリアのワイン産業を大きく発展させたひとつの要因となっています。
イギリスに輸出を始めた当時は、オーストラリアで生産されていたのは、甘口のデザートワインが主でした。しかし序々にテーブルワインのほうが盛んになり、近年では、最新技術の導入などにより世界でも指折りの高級ワインも生産されています。
オーストラリアのワインは、アメリカにならって、次の3つに大別されています。

●ジェネリックワイン

ヨーロッパの有名ワイン産地の名称がついた、日常消費用のテーブルワイン。あくまでもワインのタイプ名をつけただけで、原料となるぶどう品種にはこだわっておらず、国内消費に向けられている。

●ヴァラエタルワイン

ラベルにぶどう品種を表示した上質ワイン。表示についての規定は以下のとおり。

ぶどう品種表示 表示するぶどう品種を85%以上使用。
生産地名表示 表示する生産地のぶどうを85%以上使用。
収穫年表示 表示する収穫年のぶどうを85%以上使用。

●ヴァラエタルブレンドワイン

ぶどう品種のブレンドワインのことで、ラベルにはブレンドした割合の多い品種から表示される。

ワイン用語集

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。