アサヒビール その感動を、わかちあう。 MYページ キャンペーン お客様相談室
WORLD WIDE アサヒグループ
商品情報 地域・お店・工場見学 レシピ・楽しむ•学ぶ 品質・研究開発 CSR・環境活動 企業情報
アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒワインコム > ワインを知る > 知識を深める > ボルドー五大シャトーについて 

こだわりのワインライフのためのオンラインマガジン asahiwine.com

Asahi Wine Shop オンラインショップ

国・産地

ボルドー五大シャトーについて

「ボルドー五大シャトー」とは、1855年のパリ万国博覧会において、フランスのボルドー・メドック地区の格付けで“第一級”の称号を与えられた4つのシャトー(醸造所)と、1973年に昇格になったシャトー・ムートン・ロスシルド、これら5つの世界トップクラス・シャトーのことを指します。

ボルドー五大シャトー
シャトー・ラフィット・
ロスシルド
ボルドー五大シャトーの筆頭ともいえるシャトー。
世界最高峰の名に恥じないその圧倒的なエレガンスは、他に類を見ません。
シャトー・マルゴー “フランスワインの女王”と呼ばれるボルドー・メドック地区の中でも、最も女性的とされるワイン。
ヘミングウェイがこよなく愛したことでも知られ、日本でも小説「失楽園」で有名になりました。
シャトー・ラトゥール “不作知らず”とも呼ばれるほど安定したワインを作り出しているシャトー。
エチケット(ラベル)に描かれている“塔”は、15世紀に土地を所有していたイギリス人が、海賊の攻撃から身を守るために築いたもの。
シャトー・オー・
ブリオン
ボルドー最古の歴史を誇り、唯一メドック地区以外から選ばれたシャトー。
1814年のウィーン会議での晩餐会でもてなされ、“フランスを救った救世主”とまで呼ばれたワインです。
シャトー・ムートン・
ロスシルド
1973年の格付けで、第二級から一級へと昇格したシャトー。フィリップ・ロスシルド男爵が残した 「ついに、われ第1級なりぬ、かつて第2級なりき、されどムートンは昔も今も変らず」という言葉には、彼のムートンに対する自信と誇りが感じられます。毎年その時代の著名画家に描かせているエチケット(ラベル)は、コレクターにも人気です。

ワイン用語集

ページの先頭へ