• はい
  • いいえ

国・産地

フランスワインを極める2

フランスには数多くのワインの生産地があります。ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、コート・デュ・ローヌ、アルザス、ロワール、プロヴァンス、コルス、ラングドック・ルーション、ジュラ、サヴォワ、南西部地方……と、実に多くの地域があり、それぞれの地方はさらにいくつもの地区に分けられています。それだけに、地方によるワインの品質や特徴を守っていくことが必要。国が定めるワイン法によって、厳しい規制が行われています。

ワイン法により、フランスワインは以下の4つに分類されています。

●Vins de Table(ヴァン・ド・ターブル)

(テーブルワイン)
原産地無記名ワイン。EU内において原産地、原産国の異なるものをブレンドしてつくられるが、純粋にフランスで収穫され醸造されたものはヴァン・ド・ターブル・フランセと名乗ることができる。

●Vins de Pays(ヴァン・ド・ペイ)

(地酒)
ヴァン・ド・ペイは、フランス国内の限定された産地(市・町・村・県・地方など)で指定品種のぶどうを使用して生産されたもの。ほかの地域で生産したワインとのブレンドは許されていないため独自性に富み、親しみやすさがある。
〈主なヴァン・ド・ペイの地方呼称例〉
「ヴァン・ド・ペイ・ドック」……ラングドック&ルーション地方
「ヴァン・ド・ペイ・デュ・ジャルダン・ド・ラ・フランス」……ロワール地方
「ヴァン・ド・ペイ・デ・コント・ロダニヤン」……コート・デュ・ローヌ地方
「ヴァン・ド・ペイ・デュ・コンテ・トロザン」……南西地方

●A.O.V.D.Q.S.(アペラシオン・ドリジーヌ・ヴァン・デリミテ・ド・カリテ・スペリュール)

(原産地名称上質指定ワイン)
AOCの次にランクされ、規定はAOCのそれよりは比較的ゆるやかに定められているが、原産地呼称国立研究所(INAO)によるVDQS保証マーク(検査番号入り)をラベルに表示しなければならない。

●A.O.C.(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)

(原産地統制名称ワイン)
原産地呼称統制ワインはAOC法に基づき、ぶどうの品種、原産地、醸造法などについて、INAOにより厳しく管理・統制された、最高格付けの高級ワイン。AOCとは「Appellation(呼称)」、「d'Origine(原産地)」、「Contrôlée(認証)」という意味。原産地名は地域が細分化されるほどに生産基準が厳しくなるため、ワインの品質や格が上となり、個性も強くなる。

このように格付けされたワインの内容は、それぞれのラベルから読みとることができます。ラベルを読むことができるようになれば、ますますワインとのつきあい方が深まっていくでしょう。

ラベルの読み方

ワイン用語集

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。