• はい
  • いいえ

ワインを知る

シャンパンとスパークリングワインの違いは?

シュワシュワとした心地いい炭酸で人気の発泡性ワイン。乾杯のお酒やアペリティフとしても親しまれており、またどんな料理にも合わせやすく食中酒としても楽しめ、「泡好き」な方も多いはず!
ところでシャンパンとスパークリングワインの違いはどこにあるのでしょうか。

スパークリングワインとは、炭酸ガスを瓶の中に封じ込めた発泡性のあるワインすべてを指す総称です。
実は、シャンパンも、イタリアのスプマンテもスペインのカヴァも、スパークリングワインの一種なのです。

そして、シャンパン(フランス語では「シャンパーニュ(Champagne)」とは、フランスのシャンパーニュ地方で造られるA.O.C.ワイン固有の名称。シャンパーニュ地方でも特定地域の、特定のぶどう品種を用いて造られるものだけがシャンパンを名乗ることができ、栽培、醸造などの生産条件についても、A.O.C.法により厳しく規定されています。シャンパーニュ地方で造られていても、その規定からはずれるものはシャンパンとは呼べません。

      

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。