• はい
  • いいえ

ワインを知る

ワインの「酒石」と「おり」って何?

酒石

ワインの「酒石」は酒石酸(果物の中ではぶどうにだけ含まれる酸味成分)とミネラル(カリウムやカルシウムなど)が結合してできた結晶性の物質です。この「酒石」はワイン中の色素成分とも結合しやすく、黄色や赤の結晶となることもあります。温度が低くなると生じやすくなりますので、冷蔵庫や寒冷地の保管には注意が必要です。

おり

ワインのびんの底や内側、コルクに沈殿物が付着していることがあります。これはワインの成分の一部が、溶けにくい物質となって沈殿した「おり」です。「おり」には、タンパク質やタンニンなどからできたさまざまな成分が含まれています。
「酒石」に限らず「おり」はワインの成分が結合しあって沈殿したものですので、身体に害を及ぼすものではありません。
もし「おり」や「酒石」が発生してもまったく心配はありませんが、よりおいしくワインを楽しむためには、しばらくびんを静置して「おり」を底に沈めたあと、ワインを静かにグラスにそそぐか、ワインを別の容器に移し替えてください。

      

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。