• はい
  • いいえ

ワインを知る

スパークリングワインを極める

スパークリングワインとシャンパンの違い

スパークリング・ワインとは、炭酸ガスを中に封じ込めた発泡性のあるワイン。
一般には3気圧以上のガス圧がある発泡性ワインの総称です。
スパークリングワインといえば、有名なのが「シャンパン(フランス語ではシャンパーニュ)(Champagne)」。この名前はスパークリングワインの代名詞のように使われていますが、これはフランスのシャンパーニュ地方で造られるA.O.C.ワイン固有の名称のことです。シャンパーニュ地方でも特定地域の、特定のぶどう品種を用いて造られるもので、栽培、醸造などの生産条件についても、A.O.C.法により厳しく規定されています。ですから、同じフランス国内で造られていても、規定からはずれるものはシャンパンと呼ぶことはできません。

スパークリングワインの製造法は、主に3種類があります。

トラディショナル方式 スティルワインをびんに詰め、糖分と酵母を加えて密閉し、びん内で二次発酵を起こさせるもの。発酵後も熟成、澱引きなどが必要な、最も手間とコストがかかる方式で、最高級スパークリングワインの製造に用いられる。シャンパン方式とも呼ばれ、その名の通りシャンパンはこの方式によって製造される。
シャルマ方式 スティルワインを大きなタンクに密閉し、その中で二次発酵を起こさせる方式。密閉タンク方式ともいい、短期間に製品化が可能。製造過程でワインが空気に接触しないため、マスカットやリースリングなどを原料とする、ぶどうのアロマを残したい発泡性ワインを造る場合に用いられる。一度に大量に生産できるため、コストを抑えたい場合にも広く用いられる。
トランスファー方式 びん内二次発酵をさせた炭酸ガスを含んだワインを、加圧下のタンクに移し、冷却、ろ過した後、新たにびん詰めする。トラディショナル方式を簡略化したものといえます。

そのほかには、発酵途中のワインをびん詰めし、その後の発酵はびん内で行う「メトード・リュラル方式」、びんに入ったワインに炭酸ガスを注入する「炭酸ガス注入方式」があります。

スパークリングワインは世界各国で造られていますが、
主なものとしては次のようなものが挙げられます。

シャンパン(フランス・シャンパーニュ地方)

シャンパーニュ地方で生産され、A.O.C.法の厳しい規定を満たしたもののみが、その名称を用いることが許されている。シャンパーニュ方式とも呼ばれるトラディショナル方式で造られる。その味は、ブリュット・ナチュール(極辛口、リキュール補充なし)、エクストラ・ブリュット(極辛口)、ブリュット(極辛口、エクストラよりリキュール補充度が多い)、エクストラ・ドライ(辛口)、セック(中辛口)、ドミ・セック(中甘口)、ドゥー(甘口)の7段階に分かれている。シャンパン以外のスパークリングワインは、「ヴァン・ムスー(Vin mousseux)」、「クレマン(Cremant)」と呼ばれる。

スプマンテ(イタリア)

イタリアの全州で製造され、ガス圧は20度で3気圧以上。1〜2.5気圧の弱発泡性ワインは「フリッツアァンテ(Vino Frizzante)」と称される。代表的な生産地区は、ピエモンテ州、ロンバルディア州、トレンティーノ・アルト・アデンジェ州、ヴェネト州。トラディショナル方式で製造されたものを「スプマンテ・クラッシコ(Spumante Classico)」と呼び、メトード・クラッシコ(Metodo Classico)と表示される。シャルマ方式によるものは、「フェルメンツィオーネ・ナトゥラーレ(Fermentazione Naturale)」で、その表示はメトード・シャルマ(Metodo Charmat)。D.O.C.G.に指定されているピエモンテ州のアスティ地区で生産されるアスティ・スプマンテは、シャルマ方式を応用したフレッシュさを保つために考案された特殊な方法で造られる。

エスプモーソ(スペイン)

特に有名なのは「カヴァ(Cava)」。びん内で二次発酵を行うトラディショナル方式で造られ、二次発酵から口抜きまで最低9カ月の熟成が義務づけられている。原産地は、カタルーニャ以外にアラゴン、ナバーラ、リオハ他の各州に分散しているが、95%以上のカヴァがカタルーニャ州のペネデス周辺で生産されている特別D.O.に指定されており、他の原産地呼称とは異なり、地域の指定はなされていない。主にマカベオ、パレリャーダ、チャレッロという3種類のぶどう品種を原料とし、少量のシャルドネ(白)、ピノ・ノワール(赤)などが使用されることもある。

シャウムヴァイン(ドイツ)

ドイツで生産されるスパークリングワインは「ゼクト(sekt)」と呼ばれ、大きく3つに分けられる。

ゼクト
Sekt
ドイツ国内で加工、びん詰めされたもの。
ドイッチャー・ゼクト
Deutscher Sekt
ドイツ産のぶどうを100%使用し、ドイツ国内で造られたもの。
ドイッチャー・ゼクトb.A.
Deutscher Sekt b.A.
ドイツ産のぶどうが100%使用され、13の限定栽培地域(b.A.)で造られたもの。地域名を表示する場合は、その地域で栽培されたぶどうを100%使用しなければならない。品種名、ヴィンテージを表示する場合は、それぞれ85%以上を満たすことが必要。

それぞれシャルマ方式、トランスファー方式、トラディショナル方式などで造られるが、トラディショナル方式の場合、その表示はフラッシェンゲールング(Flaschengärung)と表示されることがある。

スパークリングワインを飲むときは、立ち上がってくる気泡を楽しみながらゆっくりと味わうため、フルート型の細長いグラスを使用し、8分目を目安に注ぎます。お祝いの席やパーティなどでは、乾杯用に、口が広く底の浅いクープ型(ソーサー型)のグラスを用います。

      

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。