• はい
  • いいえ

ワインを知る

ワインの格付けとワイン法

ワインは、ぶどうの品種、ぶどうの育つ土壌、栽培法、気候、収穫時期、製造法、貯蔵法などが相まって、その個性が生まれます。ですから、それぞれのワインの個性を明確にし、品質を保っていくためには、生産地域を狭く限定して規制していくことが必要になります。そのために作られたのが「ワイン法」であり、そのなかで品質の基準となっているのが「格付け」です。

「ワイン法」が生まれたのは1930年代の中頃。ヨーロッパでは3年続きの悪天候と経済不況に陥り、有名産地を抱えるフランスのワイン産業も打撃を受けることになりました。そこには、フランスの有名産地を騙るワインが大量に出回るという不幸もあったのです。すでにフランスの人気産地であった、ボルドー、ブルゴーニュ、シャトーヌフ・デュ・パプなどでは、その対抗手段として法律の制定へと動き始めることになりました。これが「ワイン法=原産地統制名称(A.O.C.)」の始まりです。

これは、外部に対しては有名産地を騙った偽物の製造を防ぐねらいがあり、産地の内部的にはそれぞれの伝統を守り、個性や品質を守るという効果があります。 ヨーロッパ連合(EU)に加盟しているワイン生産国においては、2009年8月新たなワイン法の規定が発令され、新しい法律に基づき、ラベルの記載などの改訂が行われました。それぞれの名称を頭に入れておけば、初めてのワインでもそのクラスや品質を推し量ることができるでしょう。

EUにおけるワインの格付けと主要国の格付け

EU フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル
A.O.P.
[Appellation d’Origine Protégée]

原産地名称保護ワイン
A.O.P.
(A.O.C.)

原産地統制名称ワイン
g.U.
(Prädikatswein、Q.b.A.)

地理的表示付きワイン
D.O.P.
(D.O.C.G.、D.O.C.)

保護原産地呼称ワイン
D.O.P.
(V.P.C.、V.P.、D.O.C.a.、D.O.、V.C.)

原産地呼称保護ワイン
D.O.P.
(D.O.C.)

原産地名称保護ワイン
I.G.P.
[Indication Géographique Protégée]

地理的表示保護ワイン(地酒)
I.G.P.
(Vin de Pays)

地理的表示保護ワイン(地酒)
g.g.A.
(Land wein)

地理的表示付きワイン
I.G.P.
(I.G.T.)

保護地理表示ワイン
I.G.P.
(Vino de la Tierra)

地理的表示保護ワイン
I.G.P.
(Vinho Regional)

地理的表示保護ワイン
S.I.G.
[Vin Sans Indication Géographique]

地理的表示のないワイン(テーブルワイン)
S.I.G.
(Vin de France)

テーブルワイン
Deutscher-wein
地理的表示のないワイン
Vino
テーブルワイン
Vino
テーブルワイン
Vinho
テーブルワイン
      

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。