• はい
  • いいえ

ワインを知る

ワインってどんなお酒?

ぶどうを原料とした醸造酒であるワインは、極めて歴史の古いお酒の一つと言われています。ぶどうは有史以前から自生し、人々に珍重されていました。貴重な食料として保存されていたぶどうが自然につぶれ、その果汁がやがて発酵し、アルコールを含む液体となった──これがワインの原型というわけです。古代エジプトの壁画や、旧約聖書にも登場しているワイン。わたしたち人類ととても長いつきあいのお酒なのです。

現在、お酒は3つに分類され、ワインはビールや清酒とともに、果物や穀物などの原料を発酵させて造った「醸造酒」に該当します。

酒類

そして、ワインはさらに、製造法によって「スティルワイン(非発泡性ワイン)」、「スパークリングワイン(発泡性ワイン)」など4つの種類に分けられています。

ワインの分類

● スティルワイン(非発泡性ワイン)
炭酸ガスを含まない状態で製品化されたワイン。一般的に「ワイン」といえば、このスティルワインを指します。赤・白・ロゼがあり、アルコール度数は9〜15度程度。
● スパークリング・ワイン(発泡性ワイン)
炭酸ガスを中に封じ込めた発泡性のあるワイン。フランスのシャンパーニュ地方で造られたシャンパンがその代表的なものとして知られています。
● フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)
ワインの醸造過程で、あるいはベースとなるワインにスピリッツ(ブランデーなど)を添加して、全体のアルコール度数を15〜22度程度まで上げて味わいのコクや保存性を高めたもの。スペインのシェリー、ポルトガルのポートワインやマデイラ、イタリアのマルサラなどが代表的なもの。
● フレーヴァード・ワイン(アロマタイズドワイン/香味付けワイン)
スティルワインに薬草や果汁、香辛料、甘味料などを加え、独特の風味をつけた香り高いワイン。スペインのサングリアやイタリアのヴェルモットなどが有名で食前酒や食後酒、またカクテルの原料などに用いる。

また、ぶどう以外の果物でつくった醸造酒は「フルーツワイン」といわれます。果実を圧搾し、果汁に酵母を加えて発酵させる。原料はリンゴ、もも、さくらんぼ、いちご、キウイなどさまざま。フランスではリンゴを原料とした醸造酒シードル(cidre)が古くから愛されています。

      

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。