• はい
  • いいえ

ワインを知る

スティルワイン(コルク栓)の開け方は?

ワインを美味しく安心して楽しんでいただくための開け方をキャップの種別にご紹介します。

●キャップシールをはずします

びん口下部のくびれ部分にナイフで切れ目を入れ、キャップシールをはずします。びん口の汚れをナプキンで拭き取ります。

●スクリューをコルクに差します

コルクの中心にスクリューの先端を差し、垂直に回し入れていきます。

●コルクを引き上げます

フックのへこみをびん口にあてて、てこの原理でコルクを少しだけ引き上げます。

●スクリューをさらに差し込みます

一度引き上げたコルクにスクリューをさらに回し入れ、再びフックをびん口にあて、引き上げます。
※小さなコルク片が落ちないよう、コルクの下までは突き刺さないでください。

●コルクを手で持って引き抜きます

最後の5mmほどは、コルクを持って静かに引き抜くようにします。
※オールドヴィンテージワインは、コルクがもろくなって、ちぎれることがあるので静かに抜きます。

抜栓後、もう一度ナプキンでびんの口を拭き取ります。 抜いたあとは、コルクのチェック(状態と香り)を忘れずに。

ボトルを長期間立てたままにしたり、冷蔵庫に入れたままにしておくと、コルクが乾燥して折れやすくなることもあります。ワインはできるだけ寝かせて保存してください。

主に輸入ワインで最近普及している「ノマコルク」などの合成コルクは、天然コルクと比較して、コルク臭(不良コルクに起因する臭気がワインにつくこと)が付かない、コルク屑がワインに入らない、品質が安定している等多くの利点がありますが、びんとの密着性が高いため、一般的なT字型のコルク抜きでは開けづらい場合があります。ソムリエナイフをご使用いただくと比較的かんたんに開栓できます。

※ソムリエナイフのナイフやスクリュー部分でけがをするおそれがありますので、お取扱いには十分ご注意ください。

開栓の方法 コルク栓が途中で折れた場合

コルクが折れてしまった場合の対策法としては、瓶に半分、もしくはそれ以上のコルクが残っている場合ならば、少しでも形を留めている部分を狙って、あえて斜めにスクリューを差し込み、コルクを瓶の中に落とさないように瓶の内側に添わせる様にして引っ張りあげましょう。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。