• はい
  • いいえ

ワインを知る

コルクとスクリューキャップ

ワインの栓にはワックス(蝋)が使用されていた時代など長い歴史があり、17世紀に入って初めてコルクが用いられるようになりました。コルクはコルク樫という樹木の樹皮を縦方向にくりぬいて造られる天然物で、非常に微細な多孔質構造をしており、軽く、弾力性・復元性が高く、液体をほとんど通さない(ごく僅かではありますが空気は通す)という、ワインの栓として重要な性質を持つ素材です。たまに開栓時、コルク上部にカビが発生していることがありますが、このカビはコルク栓を開ける前に良くふき取ってからお飲みいただければ問題はありません。

最近は天然コルク以外にも、合成コルクや圧搾コルク、さらにはスクリューキャップもワインの栓としてポピュラーになってきました。これらの栓はそれぞれ特性が異なり、当然空気を通す量も異なります。

白ワインでは、酸化が最大の敵ですので、なるべく空気を通さない栓が良いため、スクリューキャップはより適していると言えます。長期保存するようなワインは熟成による味の変化を楽しむ場合もあるので、天然コルクが使われることが多いようです。ただし、天然コルクの場合、まれにブショネと呼ばれるコルク臭(不良コルクに由来する欠陥で、塩素的な臭い)が発生します。その点、スクリューキャップはブショネの心配がないので、高級なワインでも徐々にスクリューキャップに切り替える生産者が出てきています。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。