• はい
  • いいえ

ワインを知る

レストランでワインを楽しむためのマナー

ワインは香りと味を楽しむものですので、香水やタバコなど匂いの強いものは避けましょう。

レストランでワインを注文した際、テイスティングを求められたことはありませんか。このホストテイスティングの目的は、持ってきたワインが注文したものと同じであることの確認、これから出すワインの状態確認です。 マナーとしては、まずラベルを見て注文通りであることを確認します。次に香りを嗅いで、一口飲んで、特に異常がなければ、「こちらでお願いします」「大丈夫です」などと言って了承の意思を示しましょう。

次に注いでもらう時のマナー。基本的にはソムリエやお店のサービス係の方にお任せします。注いでもらう時は、グラスを手に持たず、テーブルに置いたままでOK。自分達で注ぎ合ったり、手酌するのはあまり良くありません。また、乾杯の際にはグラス同士を合わせて音を立てないのが正式なマナーです。
意外と悩むグラスの持ち方ですが、ステム(脚)部分を持つのは、テイスティングの様式で、グラスの横から、ワインの色や粘性を観察するための持ち方です。見た目もエレガントに見えますし、温度変化も少ないことからステムを持つことをすすめることが多いようです。グラスの持ち方には諸説あるため、パーティなどでは主催者や周りの人に合わせるなど、TPOに応じて対応するのがよいでしょう。

ワインを2種類以上注文する時は、白ワインであれば辛口から甘口、赤ワインであれば軽いタイプから重いタイプへと進んだほうがより風味を豊かに感じ取れます。ただ、カジュアルなレストランなどではあまりマナーにとらわれずに、気軽に自由に楽しみましょう。

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。