• はい
  • いいえ

ワインを知る

ワインを表現する言葉 「甘み」「酸味」「渋み」「アルコール」

ワインの味わいは「甘み」「酸味」「渋み」「アルコール」の4つの要素で表します。 「甘み」は主に白ワインで感じる味。極甘口から極辛口があります。「酸味」はワインのうまみの大きな要素で、強すぎても弱すぎても味わいを損ないます。「渋み」は主に赤ワインで感じます。渋み・苦みの成分であるタンニンは、熟成するうちにマイルドになってきます。 そして「アルコール」は他の要素とのバランスにもよりますが、どちらかと言えばアルコール度が高いとコクと甘みが感じられます。
これらのバランスによってワインを評価したり、味わいを表現したりするわけですが、これ以外によく使われているのは、赤ワインなら「ボディ」、白・ロゼワインの場合は「甘口・辛口」という表現です。「ボディ」とは、口の中で感じられるワインの重み・コクのこと。アルコール度や果実味・エキス(タンニン、有機酸、糖分など)の割合によって変化します。この成分が強いとフルボディと呼ばれ、逆に弱いとライトボディと呼ばれます。フルボディのワインは凝縮されたぶどうを厳選し、樽で熟成させて木の香りをつけるなど、手間暇をかけて造られたワインといえます。

ぶどう果汁の糖分が酵母の働きによってアルコールと炭酸ガスに分解される行程を発酵と言います。「甘口・辛口」は、この発酵の度合いによって決まります。発酵後の糖分が多ければ甘口、発酵が進めば進むほど辛口のワインになります。

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。