• はい
  • いいえ

ワインを知る

適したグラスで味わいも深く

赤、白、ロゼ、スパークリングなど、ワインにはさまざまなタイプがありますが、ワイングラスにも丸みを帯びたもの、細長いもの、小ぶりなものなど、さまざまな形があります。
その一つひとつの形には、ワインをより美味しく味わうための秘密があります。
ワインに応じてワイングラスを変えてみるのも、ワインの楽しみ方のひとつです。

ボルドー・グラス

ボルドー・グラス

胴部分の膨らみと比較すると、口先が程良くすぼまっています。それによって、徐々に香りがたち、その香りを逃がしません。長期熟成タイプの赤ワインに適しています。

ブルゴーニュ・グラス

ブルゴーニュ・グラス

胴部分がゆったりと膨らんでおり、バルーン型と言われます。ワインが空気に触れる表面積が大きいため、豊かな香りと味が素早く引き出されます。またグラスの中に香りをためて複雑な香りを楽しむ効果もあります。

シャンパン・グラス

シャンパン・グラス

立ち上ってくる泡を楽しみながらゆっくりと味わうため、細長いフルート型になっています。グラスに8分目ぐらい注いで。

シェリー・グラス

シェリー・グラス

シェリーやポートなどフォーティファイド・ワインや天然の甘口ワインなど、食前酒・食後酒を味わうためのグラス。やや小さめです。

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。