• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒワインコム > ワインを選ぶ > フランス > JMカーズ > シャトー・ヴィラ・ベレール 

シャトー・ヴィラ・ベレール  France 〈フランス〉

TOP ミッシェル・リンチ・オーガニック ミッシャル・リンチ

グラーヴ地区のシャトーワイン。

「シャトー・ヴィラ・ベレール」は、JMカーズがボルドーのグラーヴ地区で手がけるワイナリーです。グラーヴ地区の中心、サン・モリオン村にあるシャトーは18世紀建造のもので、その内部は歴史建造物に指定されています。1988年にJMカーズがシャトーとその周辺の土地を引き継ぐと、これまであったぶどうの樹を植え替え、一からワインづくりをスタート。この時、醸造設備もすべて一新しました。

グラーヴらしいフィネスと複雑さ。

土壌はガロンヌ河の堆積である砂利と粘土混じりの石灰質です。50ヘクタールのぶどう畑では、カベルネ・ソーヴィニヨンは暖かい砂利質の台地に、メルロー、ソーヴィニョン・ブラン、セミヨンは比較的涼しい斜面に植えられています。周囲を取り囲む松林によって、ぶどう畑は悪天候や外部の悪影響から保護されています。この恵まれた環境の中で、「シャトー・ヴィラ・ベレール」は、グラーヴの繊細さと複雑さを見事に表現するワインに仕上がっています。
2013年には、グラーヴ地区で由緒あるコンクール「トロフェ・デ・グラン・クリュ・ド・グラーヴ」でシャトー・ヴィラ・ベレール・ブラン2012が受賞しました。

シャトー・ヴィラ・ベレール商品紹介はこちら 「シャトー・ヴィラ・ベレール(赤・白)」

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。