• はい
  • いいえ

ミッシェル・リンチ  France 〈フランス〉

TOP ミッシェル・リンチ シャトー・ヴィラ・ベレール

MICHEL LYNCH BORDEAUX

フランスとEU、2つの認証のオーガニック・ボルドーワイン

フランスの有機ぶどう栽培面積は近年増加傾向にあります。2011年の栽培面積は2007年に比べて2.7倍に増加しました。

「ミッシェル・リンチ・オーガニック」は、2012年ヴィンテージから
フランスとEU、2つの認証を得ており、
裏ラベルには2つの認証ロゴマークが記載されています。

フランス オーガニック認証

アグリキュルチュール・ビオロジックは、フランス政府が制定し、EU圏内で生産・加工されたものに認定されます。1985年以来オーガニックの認定としてこのロゴが使われています。合成化学肥料、殺虫剤、遺伝子組み換え生物の使用が禁止されています。

EUオーガニック認証

2012年、EU委員会は、EU域内で生産されるオーガニックワインの基準を定め、その基準を満たしたワインについては「オーガニックワイン」のラベル表示を認めることになりました。2012年8月1日以降に醸造されたワインに適応されます。有機栽培と有機醸造が条件となっています。認証が認められ「オーガニックワイン」を表示するワインには、必ず上記のEU委員会認証ロゴマークを同時に表示しなければなりません。

醸造家  アン・ソフィー・ジャンビと有機栽培業者との強い繋がりから生まれた「ミッシェル・リンチ・オーガニック」

「ミッシェル・リンチ・オーガニック」の製造には、女性醸造家アン・ソフィー・ジャンビが大きく貢献しています。アン・ソフィー・ジャンビは、1994年ボルドー大学醸造学部で学位を修め、ボルドーの有名シャトーをはじめ海外、とりわけオーストラリアで経験を積みました。高品質ワインの醸造と熟成の専門家として、1995年、ミッシェル・リンチの醸造チームに招かれました。 ダニエル・リョーズによって組織されたグラン・クリュ醸造のエキスパート・チームの協力を得ながら、アン・ソフィー・ジャンビはボルドーのぶどう畑を駆け回り、ヴィンテージごとにミッシェル・リンチの品質に適合するぶどう畑を選抜しながら、日々研究を続けてきました。そして食の安全に対する世界的な需要の高まりから、有機栽培ぶどうのみを使用した商品をミッシェル・リンチ・シリーズに加えることを決定したのです。アン・ソフィー・ジャンビは有機栽培業者組合のメンバーと協業しながら、栽培から壜詰めまでの責任を担っています。この有機栽培業者との強い繋がりによって、安定した高品質ワインをお客様にお届けすることができるのです。

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。