• はい
  • いいえ

ガンチア Italy 〈イタリア〉

  • ブランド紹介
  • 商品紹介
  • TOP
150年以上の伝統を誇る、情熱と伝統のスパークリングワイン。
世界にその名を知られる「アスティ・スプマンテ」の第一人者」

1850年、北イタリアのピエモンテ州カネリにカルロ・ガンチアという人物がワイナリーを設立しました。その後、フランスのシャンパーニュ地方に2年間留学し、帰国したガンチアは、1865年、アスティ地方のモスカート種(マスカット種)から、「モスカート・シャンパーニュ」と呼ばれるイタリア初のスパークリングワインを製造し販売を開始したのです。やがてこの酒は「アスティ・スプマンテ」と呼ばれるようになり、そのふくよかなマスカットの香りと甘く爽やかな口当たりで多くの人々から人気を集めました。そして、この功績によりガンチアは、広くその名を知られるようになったのです。

カルロ・ガンチア/イタリア ピエモンテ州 アスティ地方
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世

イタリア王室に愛されたスパークリングワイン

イタリア建国の父とされる、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世。彼の出自であるサルデーニャ王国の本拠は、サルデーニャ島ではなく、大陸側のピエモンテにありました。1861年、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世はイタリアを統一し、初代国王となりました。ほぼ時を同じくして、同じピエモンテ州で産声を上げたガンチア社は、1865年にイタリア初のスパークリングワインの製造に成功し、販売をスタートさせました。ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世が、自らの故郷で生まれたガンチア社のワインを気に入ったことは想像に難くありません。ガンチア社は1870年に国王から勅許状を受け取り、イタリア王室のオフィシャルサプライヤーとなりました。これはイタリアが共和制に移行する1946年まで続きました。イタリア王室御用達となったことで、ガンチア社の高い品質は公にも認められ、世界的にも知られることとなったのです。

イタリアワインの最高級原産地呼称、D.O.C.G

ガンチア社が生産するアスティは、1993年にイタリアワイン法で定められたD.O.C.G(統制保証付原産地呼称)へ昇格、イタリア全土で73ブランド(※)しか指定を受けていない最上級ランクへの仲間入りを果たしました。創業以来続く伝統を守りながら新しい事柄にもチャレンジしていく革新性を持って「アスティ・スプマンテ」をはじめとするスパークリングワインの他、品質の高いスティルワインやヴェルモットを製造し世界中に販売、ワールドワイドなブランドとして世界中で人気を博しています。
※…2013年8月31日現在

ガンチア アスティ

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。