• はい
  • いいえ

フェリックス・ソリス Spain 〈スペイン〉

フェリックス・ソリス発祥ワイナリー(現在の迎賓館)

スペイン最大手、 かつ家族経営のワイナリー。 ソリス4兄弟。右上が現在のCEOフェリックス・ソリス・ヤネス氏。 フェリックス・ソリス本社

1952年、フェリックス・ソリス社は創業者フェリックス・ソリス・フェルナンデスにより、スペイン内陸部ラ・マンチャ地方の南に位置するバルデペーニャスに設立されました。

バルデペーニャスはスペイン語で「石の谷」を意味し、その名の通り、いくつかの山脈に囲まれた大きな渓谷が連なる地域です。夏は暑く、冬は厳しい大陸性気候のもと、この土地では古くからワイン造りが行われてきました。ブドウ品種では、赤ならテンプラニーリョ、白ならアイレンが特に有名です。どちらもスペインの伝統的なブドウ品種です。

現在、フェリックス・ソリス社はバルデペーニャスの他に5つのワイナリーを所有し常に成長しつづける情熱あるワイナリーです。ワイン製造からボトリング、販売、マーケティングまでを一貫して行い、その生産規模は世界トップ10に入るほど。スペイン最大手のワイナリーとなった今でも、創業者の息子たち4兄弟が株式を25%ずつ保有し、健全な家族経営を貫いています。

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。