• はい
  • いいえ

カルタン Italy 〈イタリア〉

  • ブランド紹介
  • こだわり
  • 商品紹介
  • トップ

世界的に支持される、革新派のバローロ。

コンテルノ・ファンティーノ社

コンテルノ・ファンティーノ社がワイン造りを行うピエモンテ州は、ネッビオーロ種を使った長期熟成型の高級ワイン産地として知られています。特にバローロは「ワインの王様」と呼ばれ世界的な名声を誇っています。現在、そのスタイルは“伝統派”と“革新派”の2つに大きく分かれます。

コンテルノ・ファンティーノは革新派を代表するワイナリーのひとつ。より果実味を豊かに、より飲みやすくすることを目的として、発酵期間(マセレーション)をフランス産オークの小樽で熟成最大でも10日程度に短縮し、フランス産オークの小樽で熟成を行います。その結果、いきいきとした果実味となめらかな口当たりを併せ持ったワインが生まれるのです。革新派のバローロは米国を中心に圧倒的な支持を受け、世界的な潮流のひとつとなっています。

クリュ名を冠する、2つのシグネチャーワイン。

コンテルノ・ファンティーノ社の二枚看板は「バローロ・ソリ・ジネストラ」と「バローロ・モスコーニ」。それぞれぶどうを生産するクリュ(区画)の名前を冠しています。

バローロはピエモンテ州の指定生産地域で生産されるD.O.C.G.赤ワイン。現在は11の生産地域(コミューン)が認められ、コンテルノ・ファンティーノ社が拠点を置くモンフォルテ・ダルバもそのひとつです。さらにそれぞれの生産地域には伝統的に認められたクリュが存在します。ソリ・ジネストラは「ジネストラというクリュの南向きの斜面」、モスコーニは文字通り「モスコーニのクリュ」ということを意味しています。

限られたクリュゆえに、生産本数も自ずと限られてきます。それぞれのボトルのラベルには、その年に造られた生産本数が誇らしげに記されています。

ボトルラベル「ソリ・ジネストラ」 ボトルラベル「モスコーニ」

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。