• はい
  • いいえ

ブエナ・ヴィスタ America 〈アメリカ〉

PIONEERS OF THE CALIFORNIA WINE INDUSTRY
  • ブランド紹介
  • 歴史
  • 商品紹介
  • トップ
ブエナ・ヴィスタ ワイナリー

カリフォルニアワインの歴史は、このワイナリーからはじまった。

1857年、カリフォルニアワインの父と呼ばれるハンガリー人のアゴストン・ハラスティ伯爵が、ソノマ・カウンティでぶどうを栽培し、ワイン醸造をはじめた、アメリカで最も古い歴史を持つエステートワイナリー。それがブエナ・ヴィスタです。エステートワイナリーとは、ぶどう畑を所有するワイナリーのこと。
現在は、ソノマ・カウンティのほか、カーネロス地区にも広大な自家農園を保有しており、その広さはカリフォルニア最大級。生産しているワインの90%が、これらの自家農園で栽培したぶどうを使っています。

ブエナ・ヴィスタ ワイナリー
ソノマ・カウンティやカーネロスは、カリフォルニア州北部にある

極上ワインの生産地として知られる「ワインカントリー」。

ブエナ・ヴィスタの農園があるソノマ・カウンティやカーネロスは、カリフォルニア州北部にあり、ナパ・ヴァレーなどとともに「ワインカントリー」と呼ばれています。ヨーロッパ以外では珍しい地中海性気候に属し、ぶどう栽培に非常に適している地域。400以上のワイン醸造所が集まり、極上ワインの生産地として世界的に知られています。そして、このワインカントリーが生まれる最初の一歩を踏み出したのが、ブエナ・ヴィスタだったのです。

こだわりの伝統的手法から生まれるプレミアムワイン。

ブエナ・ヴィスタ・ワイナリーでは、カリフォルニア最古のエステートワイナリーとして、その伝統を重んじ、いまもこだわりのワイン造りに情熱を傾けています。そのひとつが「グラヴィティ・フロー」。原料にストレスを与えるといわれるポンプを使わず、自然の重力のみでぶどう果汁やワインを、やさしくていねいに移動させる手法です。古来、ヨーロッパで行なわれてきた方式で、アメリカでは初めてブエナ・ヴィスタ・ワイナリーが導入し、創業時から現在までこの方法が用いられています。ワインのアロマ、風味、複雑味を高めると言われ、優美で繊細なワインが生まれます。

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。