• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

ボージョレ・ヌーヴォ
現地レポート

2017/9/21 :Vol.12

2017 ボージョレ・ヌーヴォ現地レポート8月号

8月10日頃に、ボージョレのワイナリーではぶどうの色づきがすすみました。
平均より15日程度早く、昨年と比べても随分早くなり、2017年は2007年、2009年、2011年、そして2015年の生育パターンに似通ったぶどうの生理的熟成の段階を踏みました。
全体として、春以降の日照に恵まれ乾燥した気候は、カビなどの病害のない健全な状態でぶどうの樹の成長に大きく貢献しました。

多くの地区で心配された雨不足の影響も限定的で、加えて雹の被害についても一部のボージョレの北部エリアに限られました。そのため充分な収穫量が確保できると期待しています。乾燥した夏となったことにより、ぶどうの1粒1粒が小粒となったため凝縮した果汁とバランスの取れた香味が得られました。8月中旬、我々の分析では、8月の終わりか、または9月の初めに収穫が始まると予想され、成熟度は非常に高いレベルにありました。

左:成熟したぶどう
右:ローラン・シュバリエ

そしてそれがまさにアンリ・フェッシでも当てはまり、我々は9月1日に収穫をスタートしました!幸運にも、収穫の2日前に、畑では水曜日から木曜日の朝まで一晩、適度な雨が降りました。この適量の雨により、土が水分を吸い、凝縮した果実に適度な果汁が含まれるようになりました。2017年はまさに約束されたヴィンテージと言えます。私たちは最初の醸造に取り掛かるのをとても楽しみにしています。

(Laurent Chevalier ローラン・シュバリエ)

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。