• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒワインコム 

アンガロ Argentina <アルゼンチン>

アンデスに抱かれたウコ・ヴァレー。

アンデス山脈の麓、チリとの国境に面した場所に位置するメンドーサ州は、アルゼンチンワインの生産量の約70%を占める一大銘醸地です。「アンガロ」を生むぶどう畑が広がるのは、その中心地から南に100kmほど下ったウコ・ヴァレーです。標高は平均900m。ウコ・ヴァレーはメンドーサ州内で最も標高が高いぶどう栽培地域であり、熟成型の赤ワイン用ぶどう品種であるマルベックの優良産地として知られています。

アンデスに抱かれたウコ・ヴァレー。 (地図)アルゼンチン・メンドーサ州・ウコ・ヴァレー

太陽の恵みを感じる味わい。

標高が高く、空気が澄みきったウコ・ヴァレーの大地で、マルベックのぶどうの実はアンデスの太陽をたっぷりと浴び、果皮が厚くなります。これが果実味豊かで、ボディのしっかりとした赤ワインに仕上がる大きな理由のひとつです。一方、白ワインに関していえば、その標高の高さからキレのある酸が特徴のさわやかなワインを生み出します。またかつて海の底だった土壌はカルシウムをたっぷり含み、ワインにふくよかなミネラル感をもたらします。

太陽の恵みを感じる味わい。

生産地紹介

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。