• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒワインコム 

アンガロ Argentina <アルゼンチン>

アンガロとは“太陽”の意味。

「アンガロ」は、日本でも人気のワイン「アルパカ」を生んだサンタ・ヘレナのグループ会社「サンタ・ヘレナ・アルゼンチン」が保有するワインブランドです。ブランド名の「アンガロ(Angaro)」とは、アルゼンチンワインの銘醸地メンドーサ周辺に暮らす先住民マプチェ族の言葉で“太陽”を意味します。その名の通り、アンデスの太陽をたっぷり浴びたワインは、力強い生命力を宿し、果実感あふれる豊かな味わいです。

アンガロ・マルベック

アンガロ・マルベック

アンガロ・トロンデス

アンガロ・トロンテス

ウコ・ヴァレーのパイオニア。

「アンガロ」を生産するワイナリーは、1882年にアルゼンチンワインの銘醸地メンドーサ南部のウコ・ヴァレーに誕生しました。アルゼンチンを代表する赤ワイン用ぶどう品種のマルベックを、初めてフランスからウコ・ヴァレーに持ち込んだワイナリーです。1890年にはウコ・ヴァレー初となる本格的なワイン醸造施設を建設し“ウコ・ヴァレーのパイオニア”としても広く知られています。100年以上の伝統を今に継承するワイナリーでは、卓越した技術を持つ醸造責任者とぶどう畑に精通した栽培責任者がしっかりとタッグを組み、その伝統にふさわしい質の高いワインを造り続けています。

ウコ・ヴァレーのパイオニア。

サスティナブルなワイン造り。

2000年からはサンタ・ヘレナのグループに属したことで、よりいっそう自然や環境に配慮したサスティナブル(持続可能)なワイン造りにも着手しています。例えば、すべての工程をワイナリー内で徹底管理することにより使用する水や電力を削減したり、畑や醸造工程で出るすべての有機物を肥料として再利用したりしています。また重力を利用した灌漑システムを整備し、ぶどう畑の水分量を、環境に負荷をかけずに最適化する取り組みも行っています。

ブランド紹介

ページの先頭へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。