• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒの焼酎 > 焼酎ができるまで > 門司工場での製造工程 step 3 

門司工場での焼酎の製造工程

焼酎ができるまでの工程・管理
  • 工程1 一次もろみ
  • 工程2 二次もろみ
  • 工程3 蒸留・熟成
  • 工程4 パッケージング
  • 品質管理

工程2:二次もろみ

二次もろみの主役は、大麦や米、そばなどの主原料です。この主原料を何にするかで焼酎の種類が決まります。焼酎乙類の主原料は、もともと米が主流でしたが、米が貴重品とされた江戸時代初期に、麦やそば、芋など各地の特産品が使われるようになりました。この伝統が現在でも受け継がれ、地方ごとに特色ある焼酎が製造されています。
二次もろみに使用される主原料は、浸漬(しんせき)ドラムで洗浄した後、約一時間水に浸し吸水させます。一次もろみの段階と同じように、浸漬が終わった主原料がちゃんと吸水されているかを、経験ゆたかな担当者が目視と手ざわりでチェック。「見てさわれば、吸水状態がわかります」。機械任せにはできない、プロの経験が物を言う工程です。

吸水が終わった主原料は水を切り、ベルトコンベアで蒸し機に送って蒸し上げていきます。門司工場では、人がベルトコンベアやドラムに近づくとセンサーが感知し、すべての動きがストップして異常を知らせます。言い換えれば、担当者以外は主原料にふれることができないのです。この徹底した管理体制が、安心につながっています。

蒸し上がった主原料は、発酵途中の一次もろみに加えられます。ここでは、発酵の進み具合を見るため、担当者がサンプルを取って、3日目に酸度を、6日目に酸度とアルコール度をチェック。さらに、もろみの中で酵母がうまく育成しているか、雑菌が入っていないかなどを担当者が顕微鏡で検査。この検査は一次・二次もろみの段階で数回行なわれます。多くの人の手を経て順調に発酵が進み、二次もろみが出来上がります。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。