• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > アサヒの焼酎 > 焼酎ができるまで > 焼酎の基礎知識 

焼酎の基礎知識

焼酎とは

焼酎は製造方法により「甲類」「乙類」の2種類があります。その区別は酒税法によって定められており、連続式蒸溜機を使ったアルコール度36度未満のものが甲類、単式蒸溜器を使って45度以下に仕上げたものが乙類という分類がされています。

その他、甲類と乙類をブレンドした焼酎もあります。

甲類

■アルコール度36度未満 ■さとうきび、とうもろこしなどが主原料 ■連続式蒸溜機で製造連続式蒸溜機で蒸溜することによるピュアな味わいが、焼酎甲類の特徴。カクテルのベースにしたり梅酒をつくるなど、さまざまな飲み方を楽しめます。

乙類

■アルコール度45度以下 ■麦、米、そば、いもなどが主原料 ■単式蒸溜器で製造焼酎乙類の特徴は、原料の風味や香味を活かした味わい。お湯割り、水割りなど、焼酎そのものの風味を素直に楽しむ飲み方がオススメです。※泡盛も焼酎乙類です。

原料について

焼酎のつくり方は、甲類・乙類によって変わりますが、ここでは「乙類」の基本的なつくり方を簡単に紹介します。

材料について

焼酎の材料は大きく分けて2種類あります。「一次もろみ」をつくるための「原料」と、焼酎の風味を決める「主原料」。役割の異なるふたつの素材が混ざり合うことで、より味わい深い焼酎が誕生します。

原料 一次もろみをつくるための素材

主原料 風味の決め手となるベースの材料

製造工程について

「乙類」の製造工程は、おおよそ次の4つのステップに分けられています。

それぞれのステップは、さらに細かい作業に分けられていますが、基本的にこれらの工程を踏むことで焼酎はできあがります。一般的に、蒸溜が終わるまでの期間はおよそ1ヵ月。それでは、実際の工場の様子と照らし合わせながら見て行きましょう。

工程1 一次もろみをつくる

工程2 二次もろみをつくる

工程3 蒸留し、熟成させる

工程4 パッケージング→出荷

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。