• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > Liquor World > 特集 世界のバーへの招待【パリ編】パリのSpeakeasyでは、密かにニッカが流行中! (1) 
特集 MONTHLY SPECIAL ISSUE
前号へ 次号へ 最新号はこちら

世界のバーへの招待【パリ編】 パリのSpeakeasyでは、密かにニッカが流行中! Curio Parlor in Paris 和食がブームを越えてすっかり定着したパリでは、ジャパニーズウイスキーへの関心も高まっているらしい。通称「ル・ニッカ・バー」という1軒を訪れ、その実態を探った。

世界的なクラシックカクテルブームの波に乗り、パリでも人気のSpeakeasyスタイルのバー。メディアでもほとんど紹介されていない隠れ家バーに潜入!

Speakeasyスタイルのバー「キュリオ・パーラー」
MONTHLY SPECIAL ISSUE 1
● Speakeasy スタイルとは?

パリジャン&パリジェンヌといえば、老いも若きもナイトライフを愛するもの。世代やライフスタイルもさまざまな人たちが、自分にふさわしい贔屓のアドレスリストを持っている。そんななかで、30代のヤングエグゼクティヴ層に好まれているのが、Speakeasyスタイルのバー。Speakeasyとは、禁酒法時代のアメリカで流行った、いわゆる「もぐり酒場」のこと。現代に蘇ったSpeakeasyは、「知る人ぞ知る」隠れ家的雰囲気がありながら、サービスはいたってフレンドリーなのが特徴といえる。


ここ「キュリオ・パーラー」もそんな1軒。表には目に付く看板もなく、飛び込みのゲストが来るようなことはまずない。店内はキャンドルのやわらかな光に包まれ、壁のところどころにキツネや孔雀の剥製が飾られている。まるで知人の書斎にでも招かれたような、くつろぎの空間がゲストを出迎える。オリジナルカクテルで人気の「キュリオ・パーラー」だが、もうひとつ「パリではここだけ!」という大きな売りがある。それはジャパニーズウイスキーのニッカを集めた特別なスペースを地下に備えていること。狭い階段を下りてゆくと(これも隠れ家的要素!)、眼下に穴蔵のようなバーが出現する。その名も「ル・ニッカ・バー」だ。


「オープン前に日本を旅行し、東京のバーを何軒も視察しました。そこで気づいたのは、東京のバーは地下にあることが多いということ。せっかく日本のウイスキーのバーを開くのですから、雰囲気も東京風に徹したい。そんな思いから、現在のスタイルを採用しました」と語るのは、オーナーのロメ・ドゥ・ゴリエノフ氏。同店では「フロム・ザ・バレル」「宮城峡」「余市」「竹鶴」など、ニッカ商品45種類をラインアップ。人気の「フロム・ザ・バレル」をベースにしたカクテルもリスティングし、そのレシピは15種類以上におよぶ。

ジャパニーズウイスキーのニッカを集めた「ル・ニッカ・バー」
ニッカ商品45種類をラインアップ
Page 1 Page 2
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。