• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > Liquor World > 特集 「ゲスト自らがシェイカーを振る パリで話題のキット・カクテルとは?」(1) 
特集 MONTHLY SPECIAL ISSUE
前号へ 次号へ 最新号はこちら

世界のバーへの招待【パリ編】 ゲスト自らがシェイカーを振る パリで話題のキット・カクテルとは? Le Cafe´ Lumie`re-Hotel Scribe in Paris

常に新しいクリエイションが生まれる街、パリ。バーシーンも然り。オペラ座近くの「ホテル・スクリブ」を訪れ、専門誌などで注目を浴びるキット・カクテルを取材した。

パリで話題のキット・カクテルを生んだ「ホテル・スクリブ」。キット・カクテルの中身を紹介する前に、意外な歴史に彩られたホテルのバックボーンをナビゲート。

●パリのバーシーンには、ホテルありき。

 カフェ文化、ワイン文化が華開くパリでは、「本格バー=ホテルのバー」という認識が一般的だ。カフェやブラッスリー、ワインバー、あるいはレストランのウェイティングバーでもアルコールを飲むことはできるが、いわゆるバーマンがシェイカーを振るう本格バーとなると、どうしてもホテルのバーということになる。そんなパリでいま注目を集めているのが、オペラ座近くに構える「ホテル・スクリブ」のメインバー「カフェ・リュミエール」だ。
 「ホテル・スクリブ」の創業は1861年。通りに面して「グランド・カフェ」が設けられ、ここにはボードレールやプルースト、ヴェルディなど当代一流の芸術家たちが集った。第二次世界大戦末期には、あのヘミングウェイやロバート・キャパ、アンリ・カルティエ・ブレッソンらの顔もあった。また同ホテルはジョセフィン・ベイカーの定宿だったことでも知られている。そんな由緒ある歴史にさらなる華を添えるのが、映画の生みの親として知られるリュミエール兄弟である。1895年12月28日、彼らはまさにこの「ホテル・スクリブ」の地下フロアで、世界初となるシネマ(映画)を上映したのだ。
 ホテル自体は2008年9月に大規模な改装を経てリニューアルオープン。その際、従来のレストランスペースも一掃され、リュミエール兄弟にオマージュを捧げる空間「カフェ・リュミエール」として生まれ変わった。店内にはリュミエール兄弟の写真や当時上映された映画のプリントが飾られ、約100年前にこの場所で行われた歴史的偉業を讃えている。そしてこのスペースの顔として開発されたのが、今回紹介するキット・カクテルというわけだ。

MONTHLY SPECIAL ISSUE 1
Le Cafe´ Lumie`re-Hotel Scribe in Paris
Le Cafe´ Lumie`re-Hotel Scribe in Paris
地下フロア

地下フロア

Page 1 Page 2
ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。