• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > Liquor World > ブランドから選ぶ > グレン グラント > グレン グラント(ブランド) 

グレン グラント「歴史」

GLENGRANT  SINGLE MALT  SCOTCH WHISKY

  • 歴史
  • ブランド
  • ラインアップ
Nature グレン グラント スペイサイド Speyside 大自然のマザーウォーター。

偉大なシングルモルトの本質を握っているのは、自然です。1840年、創業者であるジョンとジェームズのグラント兄弟は、スペイサイドの小さな町ローゼスの自然に魅了され、この場所に蒸溜所を起ち上げました。海とガーマス港に近く、南側にはスペイ川が流れ、大麦が育つ豊かな平原に囲まれた土地は、モルトウイスキーづくりにはうってつけの場所でした。そして最も大切なのは水です。スコットランド高地の地層でろ過され、驚くほどクリアで良質な天然の湧き水は、グレン グラントづくりに必要不可欠な自然の恵みです。

Legend グレン グラント最大の功労者、James“The Major”Grant。 細長いポットスチル ジェームズ“ザ メジャー”グラント

創業者兄弟の弟ジェームズの息子、ジェームズ“ザ メジャー”グラントはグレン グラントの伝説の人物です。発明家であり、社交家であり、旅好きでもあった彼は、新しいアイデアを積極的に採用しました。スコットランドで初めて自家用車に乗り、蒸溜所にはどこよりも早く電灯を取りつけました。そしてグレン グラントの象徴ともいえる細長いポットスチルを導入したのも彼でした。グレン グラントのクリアで親しみやすい味わいは、“ザ メジャー”が残した遺産なのです。

The Maker’s 稀代のマスターディスティラー、 デニス・マルコム。 デニス・マルコム

偉大なシングルモルトの本質には、マスターディスティラーの手腕が反映されます。それは芸術であり、熟練の職人技でもあります。デニスが樽職人の見習いとして蒸溜所で働きはじめたのは、わずか15歳の時。それから約50年、彼はグレン グラントに人生のすべてを捧げてきました。彼がつくるウイスキーもやはり、“Simplicity”。奇をてらわず、スペイサイドの自然に寄り添いながら、デニスは今日もグレン グラントの一杯一杯に情熱を注いでいます。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。