• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > Liquor World > ブランドから選ぶ > アーリータイムズ > アーリータイムズ(商品ラインアップ) 
  • トップ
  • アーリータイムズのふるさと
  • アーリータイムズの伝統的なカクテル
  • アーリータイムズの歴史
  • 商品ラインアップ

商品ラインアップ

イエローラベルとブラウンラベル 何世代もの時を超え、人々に愛されてきたアーリータイムズ。イエローとブラウンの2つのラベルは、
それぞれ個性的な香りと味わいを持ち、ロングセラーバーボンとして今も生き続けています。

イエローラベル

伝統を守り続けるクラシックなバーボンウイスキー

ライトな口当たり、甘い香り、キレのいい後味を持つロングセラーバーボンです。活性炭で濾過することで、熟成中にできた不純物を除去し、より磨かれたスムースな味わいを楽しめます。

LINE UP 1750mlペットボトル
1000ml
700ml
350ml
200mlペットボトル
アーリータイムズ イエローラベル
アーリータイムズ ブラウンラベル

ブラウンラベル

オークの香りとコクが際立つ繊細なバーボンウイスキー

マスターブレンダーが厳選した原酒をブレンド、濾過の工程を2度行うことで香りは強く、味はまろやかに。オークの香りとコクの深みが際立つ、華やかで繊細な味わいのバーボンです。

LINE UP 700ml

それぞれの製法

2つのラベルの個性がどのように生まれるのか、それは製法の違いによるものです。
まずは原料。イエローラベルはトウモロコシ79%、ライ麦11%、大麦モルト10%ですが、
ブラウンラベルはトウモロコシ72%、ライ麦18%、大麦モルト10%。
トウモロコシとライ麦の配分が少し違います。発酵に使うイースト菌も違います。
ブラウンラベルはイエローラベルに比べて、やや重さのあるボディになるよう、サワーマッシュの配分も少し減らしています。
ココナッツの皮をベースにした活性炭でろ過する過程はどちらも同じ。アーリータイムズの飲み口のよさはここから生まれます。
さらに、私たちが飲んでいるブラウンラベルになるにはもう一工程足されます。
イエローラベルとして造られた原酒とブラウンラベルとして造られた原酒を混ぜ合わせ、味わいを軽く、香りを高く仕上げます。
その上でピートをベースにした活性炭で再度ろ過。
味わいをさらに磨き上げることで、あのスムースでコクの深い味わいができあがるのです。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。