• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > Liquor World > ブランドから選ぶ > ホセ・クエルボ > HISTORY 
LiquorWorld トップページへ戻る
Cuervo TOP
クエルボの歴史
1795年操業のテキーラブランド。
1758年、スペイン統治時代のメキシコ。創業者ホセ・アントニオ・クエルボは、スペイン王からハリスコ州の土地を譲り受けました。1781年になって息子のホセ・プルデンシア・クエルボは領土を拡大し、兄弟とともにその土地でリュウゼツラン(竜舌蘭)の栽培を開始。そして1795年にスペイン王カルロス4世がテキーラの販売を認可したため、「ホセ・クエルボ」社は、ラ・ロヘーニャ醸造所でテキーラの製造と販売を始めたのです。
事業拡大とアメリカへの着目。
国内で販売を伸ばしていった「ホセ・クエルボ」社は、1850年、当時の経営者であったビンセンテ・アルビノの死後、ドン・ヘスス・フロレンスにその運営が委ねられました。彼は当時、テキーラの町まで鉄道が延長されることを聞き、テキーラの原料であるアガベ・アスール・テキラーナ(ブルーアガベ)の栽培を拡大するとともに、施設も増設し醸造プロセスの改良を図りました。さらに事業拡大に向けてアメリカに着目したのです。
www.cuervo.com
 
Cuervo TOP NEXT

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。