• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > Liquor World > ブランドから選ぶ > ブナハーブン 

HISTORY/歴史

DISTILLERY/製造工程

PRODUCT LINE UP/商品一覧

TOP

手間暇を惜しまない丁寧な伝統的製造工程。
ウイスキーづくりに適した環境と高い品質を生み出す原材料に恵まれた「ブナハーブン」蒸溜所では、伝統的な製法に則り、今も手間暇を惜しまない丁寧な作業が続けられています。
  • 麦芽製造  malting
  • 糖化  mashing
  • 発酵  fermentation
  • 蒸溜  distillation
  • 熟成  maturation
  • 1 麦芽製造 malting
  • 「ブナハーブン」で使用されている大麦は、マスターディスティラーであるイアン・マクミランの選択基準にそった品質の高いオプティック種。スコットランドの風土と気候に適したこの大麦にまずは軽く(2ppm)ピートを焚き込みます。
  • 大麦

  • 2 糖化  mashing
  • 焚き込まれた大麦を伝統的な4本ローラーのモルトミル(製粉機)で粒子の荒い順に、ハスク20%、グリッツ70%、フラワー10%の比率で挽き分けます。その後、12時間かけてマッシュタン(糖化槽)で熱せられた湧水と混ぜ合わせウォート(麦汁)にします。
  • 糖化

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。