• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > Liquor World > ブランドから選ぶ > アプルトン エステート > アプルトン エステート(飽くなきこだわり) 

アプルトン エステート「飽くなきこだわり」

APPLETON ESTATE SINCE 1749 JAMAICA RUM

  • トップ
  • ブランドの歩み
  • 飽くなきこだわり
  • ラインアップ

1200万年かけて育まれたテロワール

アプルトン エステートがあるナッソーヴァレーは、1200万年以上前にジャマイカが海底から隆起した時に形成されたといわれています。午前中は日当たりがよく、午後になるとにわか雨が静かに降る、という特殊な気象条件のおかげで、土壌は極めて肥沃。サトウキビ栽培に関しては、まさに奇跡ともいえるテロワールです。

1200万年かけて育まれたテロワール

コックピット・カントリーの超軟水

ラムの仕込み水には、エステート内にある天然の湧き水を使用しています。ナッソーヴァレーはコックピット・カントリーと呼ばれるカルスト(石灰層)丘陵の一部。そのため湧き水は硬度が非常に低い軟水です。また発酵に使用する酵母も、エステート内で古くから繁殖している自然培養酵母。水も酵母もナッソーヴァレーというテロワールからの自然の恵みなのです。

天然の湧き水

伝統の少量ポットスチル生産

アプルトン エステートでは、250年以上にわたる手づくりの伝統を忠実に守っています。最も特徴的なのは、銅製のポットスチル(単式蒸溜器)で少量ずつじっくり蒸溜する蒸溜法。他にないオリジナルのポットスチルとコラムスチル(蒸溜塔)から、アプルトンならではの洗練されたフレーバーとアロマをもつ、なめらかな後味のラムが生み出されます。この蒸溜法は旧式で時間がかかりますが、じっくり待つのに値する素晴らしい成果を約束してくれるのです。

伝統の少量ポットスチル生産

業界初の女性マスターブレンダー

1200万年のテロワールや天然の湧き水、そして伝統の少量ポットスチル生産から生み出された原酒をひとつにまとめ上げているのが、女性マスターブレンダーのジョイ・スペンス。化学者であった彼女は、先代ブレンダーのオーウェン・タラクのもとでブレンド技術を学び、アプルトン エステートのラムひと瓶ひと瓶に素晴らしい輝きを与えています。

女性マスターブレンダーのジョイ・スペンス

サトウキビ栽培から瓶詰めまで

アプルトン エステートは、サトウキビ栽培からはじまり、発酵、蒸溜、熟成、瓶詰めに至るまで、すべての工程を自前でコントロールできる数少ないラムメーカーです。すべてはナッソーヴァレーから。これからもアプルトン エステートならではのスピリッツ“The Exceptional Spirit”をつくり続けます。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。