• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > Liquor World > ワンダーバー > おすすめバー 
ワンダーバートップへ戻る
VOL.17 高松篇 本物へのこだわりがつくりだしたサプライズ満載の、大人の隠れ家バー「足袋」(たび)
やあ、気持ちのいい季節になったね。
こんなときは、インドア派のオレもさすがに外に出たくなる。
ビール片手にバーベキューとか、ワインを持ってピクニックなんて
ちょっと柄にも無いことをやってしまったりする。
でも、やっぱり最後は、バーでゆっくりしめたい。
そんなときに、こんな店が近くにあるといいんだよなぁ。
 
それは香川県高松市にある「足袋(たび)」というバー。まさに隠れ家のような店だ。看板に店名はなく、足袋の絵だけが書いてある。門から飛び石が並び、その足下には水が流れ、点滅する蛍の光が、入り口へと誘ってくれる。しかもその入り口は、ちょっとかがまなければ入れない、いわゆるにじり口。まるで料亭に来たかと思うほどに、和の世界、侘び寂びの世界がそこに広がっている。初めて訪れた人は、このたたずまいに間違いなく驚く。
「本物を提供したい」という店主の森本さんのこだわりは、店内の至る所に見える。照明や椅子、棚、壁、床、さりげなく置いてある小物や本、すべてがただものじゃない。なかでも、見たことがないほど大きな一枚板のカウンターには、オレもびっくりした。森本さんはこれが見つかるまでに日本中を探したそうだ。
これが、メニュー。右のページで旬鮮フルーツを選び、
左のページで味の好みなどを選ぶ。良くできている。
 
こだわりは、建物の意匠にまで。壁は香川の名石「庵治石」、
照明は晩年を香川で過ごしたイサムノグチ。
本物へのこだわりは、カクテルづくりにもあらわれている。地元で収穫される新鮮な旬のフルーツを常に揃えている。この前行ったときには、香川産のキンカン、高地産のフルーツトマト、うまそうなフルーツが並んでた。まずフルーツを選び、それからベースになる酒などの好みを伝えるのが、足袋のオーダースタイル。その日、オレはキンカンを選んだ。出てきたのは、オリジナルカクテルの「ゴーギャンの恋」。オレンジジンをベースに、完熟キンカンとフレッシュグレープフルーツでつくる。隠し味は1tspの和三盆。和菓子でよく使われる香川県名産の高級砂糖だ。キンカンの皮とシソ、チェリーでつくったガーニッシュと一緒に飲む。さっぱりとした甘味の、爽やかな香りのカクテルだ。実にうまい。
珍しい山羊のチーズと、骨付きをスライスするこだわり生ハムをつまみに飲んでいたら、うまそうなコーヒーの香りがただよって来た。聞いてみると、ここではカルーアミルクに、いれたてのエスプレッソコーヒーを使うのだという。スパイシーラムとエスプレッソ、ミルク、サトウキビのしぼリ汁でつくるカルーアミルク、オレも頼んでみた。甘すぎずに飲みやすい。コクもあり、何より香り高さが酔ったアタマをリフレッシュしてくれる。
そうそう、足袋ではシガーも楽しめる。そこで、オレはコイーバを選んだ。このカルーアミルクと合わせてみたかったんだ。思った通り、相性がいい。コイーバの煙りとカルーアミルクの香りが、オレをゆっくりと包んでいく。その瞬間、オレは本物のオトコに近づいた気がした。
 
足袋(BAR TABI)住所/高松市瓦町1-12-10 FMビル1F TEL/087-863-6601 営業時間/PM7:00〜AM4:00 定休日/無休
ゆったりと座り、大きなカウンター越しに店主の森本さんに
あれこれこだわりについて質問しながら飲むのもいい。
MAXXIUM Liquor World

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

ページTOPへ MAY.2006 ページTOPへ