• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > 「こだ割り。」 > お酒のプロに聞く 

こだ割り。お酒を自分流に楽しもう!

飲食店のプロの方々も、いろいろとこだわっていらっしゃいますぞ。プロならではのステキな「こだ割り。」のアドバイスをご紹介しましょう。

Bon Marche 島田 祐奈実さん
スーパードライの爽快さに、カルピスの甘酸っぱさが見事に調和。

「カルピスは誰もが懐かしいと感じる味。だから飲んだとき、ほっとするのかもしれませんね」と話すのは、地中海ダイニング「Bon Marche」バーテンダーの島田さん。そんな島田さんの「こだ割り。」は、『ダブル カルチャード』。「スーパードライをカルピスで割ったビアカクテルです。スーパードライの爽快さとカルピスの甘酸っぱさがバランスよく調和した、新感覚のおいしさですよ」。作り方のコツを伺うと、「まぜ過ぎると、せっかくの炭酸が抜けてしまうんです。バー・スプーンを軽く持ち上げる感じで、2回転くらいですね」。これは、カクテル用語で“ビルド”という技法。また同店では、「スーパードライ ―ドライブラック―」で作る「ダブル カルチャード ドライブラック」も提供しています。「また違った味わいで楽しいですよ」と島田さん。自宅で作るときは、スーパードライと同じくカルピスも冷やしておくと、よりいっそう『ダブル カルチャード』のおいしさを楽しめておすすめだそうです。

グラス
ダイニングバー

地中海ダイニング Bon Marche(ボン・マルシェ)


住      所: 東京都豊島区東池袋1-5-7 LABI1日本総本店 7F
T   E   L: 03-5944-9881
営業時間: 【ランチ】11:00〜15:00 
【ディナー】17:00〜23:00(最終チェックイン22:00)
定 休 日 : LABIに準ずる
有名ホテルで腕を磨いたシェフの本格地中海料理が味わえるお店です。「牛肉のスティファド」や「豚とドライトマトの煮込み」などの煮込み料理がとくに評判。デザートの「チョコレート
ファウンテン」は女性や家族連れに大人気です。
店内

ページTOPへ

OYSTER & WINE SEASON 秋山 竜二さん
きめ細やかな泡の粒。それがウィルキンソンの魅力です。

新鮮な牡蠣料理が味わえるこちらのお店、おいしいドリンクメニューが楽しめることでも有名です。それもそのはず、カウンターに立つオーナーの秋山さんは、かつて銀座の老舗バーで修行を積んだ一流バーテンダー。ウィルキンソンの魅力を尋ねると、「炭酸の泡の粒がとてもきめ細かいんです。だからお酒と割っても一体感が出ますよ」。秋山さんのお店では「ウィルキンソン タンサン」と「ウィルキンソン ジンジャエール」の2種類を用意。お客様の気分や料理に合わせて、ビールやウイスキー、ワインなどと割って提供しています。「ハイボールにすると、ほのかに甘みや旨みが感じられます。香り立ちもいいですね。スプリッツァーもおすすめ。白ワインと割ればウチの生牡蠣料理と相性抜群です」とのこと。アレンジレシピでは、ハイボールにライムの皮を削って入れるのがおすすめとか。爽やかな香味でお店でも人気。秋山さんご自身もお家でよく飲まれているそうですよ。

グラス
ダイニングバー

OYSTER & WINE SEASON(オイスター・アンド・ワイン シーズン)


住      所: 東京都港区六本木7-12-3 Power House B1F
T   E   L: 03-3478-8847
営業時間: 18:00〜04:00(L.O.03:00)
定 休 日 : 日曜・祝日
漁師の方から直接仕入れた牡蠣を使った多彩な品々が人気。他にも「味自慢!ワタリガニのトマトクリームスパゲッティ」や「イベリコ豚の天使の羽の網焼」などがおすすめ。都会の喧騒を忘れさせてくれる隠れ家的なお店です。
店内

ページTOPへ


スタンドアルル 小川 紗子(たえこ)さん
氷なしハイボールのきめ手は、炭酸がタフなウィルキンソンです。

ウィルキンソンの魅力は炭酸の安定した持続力だと語る店主の小川さん。こちらで人気の商品は、氷なしハイボールの『竹ハイ』。氷を一切使わず、ボトルごと冷やした『竹鶴ピュアモルト』にキンキンに冷えたウィルキンソンを1本丸ごと注いでレモンピールで香りづけするもの。味が薄まらず、最初から最後までハイボールのおいしさが変わらない点がお客様に大好評だそう。「ウィルキンソンは最後まで炭酸がしっかりと残る。竹ハイのおいしさも極まります」と太鼓判。さらに「力強い炭酸なのにスムーズな飲み口。何を割ってもおいしい」とも。お店では、赤・白ワインをウィルキンソンで割る『ワインボール』と名付けた商品もプッシュ中。「お酒が苦手という方や、充分飲んできたというお客様にもとても好評です。割ることで飲みやすくなる上に別の味わいが広がる。今後とも、さまざまな『こだ割り』を私もお客様にご提案していきたいですね」と、にっこりと微笑まれました。

グラス
バー

スタンドアルル(STAND ARLE)


住      所: 大阪府大阪市北区梅田2-4-41 桜橋キタハチ 1F
T   E   L: 06-6131-6617
営業時間: 12:00〜23:30(L.O.23:00)
定 休 日 : 日曜日
北海道出身でニッカの味に惚れ込むオーナーのこだわりが気軽に楽しめるお店です。本格的なバーメニューに加えて喫茶メニューも充実。名物のキーマカレーは昼夜を問わず人気。飲んだ後の締めのソフトクリームもおすすめ。
店内

ページTOPへ


鳥龍 岡村 潤さん
炭酸のキレを活かしたハイボールは新鮮な地鶏料理にピッタリ

「ウィルキンソンは、炭酸が強めで気が抜けにくいので、どんなドリンクにも使いやすいですね」と、「鳥龍」オーナーの岡村さん。同店おすすめの「こだ割り。」は、ブラックニッカ クリアのハイボール。よく冷えたグラスにたっぷりの氷、炭酸、ウイスキーの順に静かに注ぎます。「ウイスキーは炭酸より重いので、最後に注ぐとウイスキーが沈んでグラスにまんべんなく行き渡りますし、過剰にかき混ぜなくて良いので炭酸の刺激を残せる」とのこと。「ブラックニッカ クリアのようなクセのないクリアな味わいのウイスキーを使って、2:8の比率で炭酸を少し多めにすると、飲み口も後味もスッキリして、いろいろな料理との相性が良くなります」とも。鳥龍自慢の「めす肝のお刺身」や「名古屋コーチンのゴマ味噌焼き」など、コクのあるお料理と一緒に楽しみたい一杯です。自宅では、できるだけ大きなグラスを使うと、炭酸感がきわだって飽きのこない爽やかな味わいを楽しめるのだそう。また「麦焼酎や芋焼酎を炭酸で割って、レモンを搾っても美味しい」とのこと。ぜひ試してみたいものですね!

グラス
炭焼 創作料理

鳥龍(とりりゅう)


住      所: 愛知県名古屋市中区錦3-17-3 サンプラザビル1F−B
T   E   L: 052-953-0377
営業時間: 18:00〜翌3:00(L.O2:30)
定 休 日 : 日曜・祝日
元ホテルシェフのオーナーが手がける本格鳥料理店。落ち着いた店内で、こだわりの料理とお酒が楽しめるお店です。ジューシーな「錦爽どり」など朝獲れの新鮮な地鶏を使ったお刺身や串焼きは絶品。野菜ソムリエがつくるサラダも人気ですよ♪
店内

ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。