• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > レシピ・楽しむ・学ぶ > 「こだ割り。」 > アレンジのコツ 

こだ割り。お酒を自分流に楽しもう!

自分流にチャレンジ!アレンジのコツ|「こだ割り。」をもっとステキに楽しめるひと工夫をご紹介! 誰でもカンタンにできるから、ぜひみんなでトライしてみてくださいね!

割り材でアレンジ たとえば…

  • 比率を変える│お酒と割り材の比率は、自由に変えてOK!シーンに合わせて調整してみてね!
  • 夜は濃く3:7 昼は薄く2:8
  • ウィルキンソン タンサン レモン/「カルピス」ぶどう
  • 割り材を変える│例えば、ウィルキンソンとカルピス。割り材を変えるだけで、味わいの変化が楽しめますよ!割り材を選んでみよう!

作り方でアレンジ

  • <混ぜる>冷蔵庫にあるものや、近所のスーパーで手に入るものが基本。いろいろな食材を使って、楽しくチャレンジしてみてくださいね! 「野菜」トマト、ショウガ、ゴーヤ、大根おろしなど/「フルーツ」レモン、オレンジ、イチゴ、梅、ライム、チェリーなど 「スライス、さいの目切り、すりおろし、果汁など、使い方ひとつで味わいも変わりますよ!」
  • <かける>もっと手軽なアレンジなら、「かけるだけ」という手も!キッチンにあるものから選んで、ささっとかけてみてね! 「スパイス」シナモンパウダー、ナツメグ、クローブ、七味、塩、黒胡椒など/「ハーブ」スペアミント、ペパーミント、バジルなど 「塩麹をかけてみても面白いですよ!」
  • <盛る>見た目に楽しいアレンジを!色合いの映えるフルーツやジャムを使ったり、お菓子を入れてみるのも楽しいですよ!「使うもの」ドライフルーツ、ジャム、コンフィチュール、マシュマロ、ポッキーなど
さっそく作ってみませんか?「こだ割り。」レシピはこちら

好みのお酒と割り材で割ってみるのじゃ!

昔懐かしの「はちみつレモン」にチャレンジ!

お酒にレモン汁とはちみつを足し、お好きな割り材で割るだけの簡単レシピもOK。もうちょっと凝りたいという方は、「レモンのはちみつ漬け」をつくって使ってみては?

レモンのはちみつ漬け

  • [材料]・レモン1〜2個・はちみつ適量 ※使う分量に合わせてご用意ください。
  • [作り方][1]漬けるのに使うびんを、熱湯で煮沸消毒し、自然乾燥します。[2]レモンを薄くスライスしてびんに入れ、レモンが隠れるまで蜂蜜を注ぎます。[3]一晩おけば完成です!

フルーツビネガーでアレンジ

  • フルーツビネガーとはフルーツをビネガー(お酢)に漬けたもの。ドリンクのベースに使うと、さっぱりヘルシーなカクテルができあがりますよ!
  • [作り方][1]消毒済みのびんに、フルーツ(薄くスライス)とお酢、氷砂糖を入れる。
[2]ふたを閉めて、冷蔵庫に保存し、3〜4日漬け込む。時々、材料を混ぜる。
[3]つくってから1週間ほどでお使いください。
  • [レモンの酢漬け] レモンスライス 50g・リンゴ酢 100cc・氷砂糖 80g・黒糖 20g
  • [オレンジの酢漬け] オレンジスライス 50g・米酢 100cc・氷砂糖 100g・シナモン 適量
  • [リンゴの酢漬け] リンゴスライス 50g・リンゴ酢 100cc・氷砂糖 80g・黒糖 20g
  • [イチゴの酢漬け] イチゴ 50g・米酢 100cc・氷砂糖 100g・シナモン 適量

もっとアレンジ 〜オリジナルアレンジにチャレンジしてね!〜

− 香り −

味わいを判断するのに「香り」は大切なもののひとつ。気分に合わせて、香りに変化をつけてみてはいかがでしょうか。

 見た目 −

グラスの形の違いや、カクテルの飾り花のような“添えもの”を変え、“魅せる”演出にチャレンジするのも楽しいですぞ!

− 味 −

飲んでいる途中でアレンジを加えて、一杯で2度楽しめるドリンクもおすすめです。ジャムを混ぜる、レモンを絞るなど、いろいろなアレンジを試してね

− 温度 −

季節・気候に合わせて、飲み心地のいい「温度」を見つけてね! 涼しいとき…冷たすぎないようドリンクを作っている途中で氷を抜く。/暑いとき…グラス・割り材をキンキンに冷やして、のどごし爽やかに!

おすすめレシピもありますよ!「こだ割り。」レシピはこちら

ページTOPへ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。