次世代を担う高校生たちに向けた、実践型ワークショップ 若武者育成塾

第11期 2016年度 若武者育成塾 活動報告

アサヒビールでは2006年に高校生を対象とした環境教育『日本の環境を守る若武者育成塾』を開講いたしました。若武者育成塾は、これから社会に巣立つ高校生たちに、体験学習や企業訪問を通じて環境問題を肌で感じてもらい、その問題解決法を自ら考え、実践することによって、社会の課題を乗り切る力を身につけた、志の高い、たくましい「若武者」を育成しようとするものです。
第11期となる本年は、日本全国の高校生を対象に募集し、7校から19名の高校生が、次世代を担う「若武者」として選ばれました。

若武者育成塾の流れ

  • 5月〜6月
    小論文募集期間 環境問題に対する意識や<br>活動に関する論文を募集。
  • 7月
    審査結果発表 論文内容を審査。優秀な論文を選出。
  • 8月
    合  宿 研修での経験を元に地元での活動モデルを作成。
    合宿の様子はこちら
  • 8月〜12月
    地元での活動 活動モデルの実践。地元を巻き込んでの環境活動を行う。
  • 12月
    成果発表・審査 地元での活動結果を発表。
    結果発表はこちら

2015年度若武者育成塾 成果発表会・審査結果 2015年12月20日(日)

全国の高校生から選考された7グループ(第11期生)が、12月18日(日)に夏の合宿で定めた活動目標に基づいて活動した成果発表会を行いました。発表された高校生は堂々と活動の成果を発表されておりました。発表された高校生、ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

最優秀賞受賞の学校は、後日「環境省 総合環境政策局」を訪問し、活動に関するプレゼンテーションを行う予定です。

日本の環境を守る 若武者育成塾

2016年度若武者育成塾 夏合宿 2016年 8月3日(水)→8月6日(土)

全国の高校生から「地域の環境課題」をテーマとした論文・動画を募集し、選抜された7チーム(第11期生)が、8月3日(水)〜6日(土)の4日間、ご応募いただいた高校生の皆様の代表として合宿に参加しました。合宿前半はアサヒビール神奈川工場(所在地:神奈川県南足柄市)や、相模湾を取り巻く地域で自然体験型のワークショップを行い、合宿後半では12月まで自分たちの地域で行う環境活動計画(アクションプラン)を作成しました。

参加校 宮城県農業高等学校・茨城キリスト教学園高等学校・ 神奈川県立吉田島総合高等学校・
広島県立庄原実業高等学校・香川県立笠田高等学校・宮崎県立飯野高等学校・鹿児島県立市来農芸高等学校

合宿の様子

8月3日
自然と人間の共生について 導入
〜開会式・講義・湘南国際村めぐりの森自然観察〜
  • ■開会式・オリエンテーション「地域の環境課題を何とかしたい!」
    熱い想いで全国から集合。合宿スタートです!
  • ■神奈川県の公害問題・環境問題の講義公害問題の歴史や環境問題について学び、環境問題が及ぼす影響は何かを考えます。
  • ■湘南国際村めぐりの森見学市民・企業・行政の皆さんが協働でおこなう森林再生活動を学びました。
8月4日
産業と環境の関わりについて
〜アサヒビール神奈川工場見学・間伐体験〜
  • ■アサヒビール神奈川工場見学再資源化100%の取り組み等、環境創造工場としての取り組みについて学びました。
  • ■アサヒビオガーデン見学アサヒビール神奈川工場内にある緑にあふれたビオガーデンで、動植物の観察をしました。
  • ■峯自然園での間伐体験森の手入れになぜ間伐が必要なのか、
    森と水の関係を学び間伐体験をしました。
8月5日
自然と暮らしのバランスについて
〜磯の生物観察・環境活動計画(アクションプラン)の作成検討〜
  • ■磯の生物観察生物観察を通じて、生物多様性や海に迫る危機等について学びました。
  • ■アクションプラン作成チームアシスタントとともに地域の環境課題を解決するために何ができるか考えます。
  • ■アクションプラン一次発表参加者全員の前で緊張しながらの発表。
    いただいたアドバイスを元に、計画を練り直し!
8月6日
学びを自らの活動へ
〜環境活動計画(アクションプラン)完成・発表

■アクションプラン発表地域に帰ってからの活動を宣言!堂々と発表することができました。

■閉会式・解散活動の様子は若武者ブログを通して発信します!
12月の成果発表会でお会いできる日を楽しみにしております!

日本の環境を守る 若武者育成塾
 若武者ブログ ◆2016年7月13日ニュースリリース
文部科学大臣賞受賞 高校生を対象とした環境教育プログラム
第11期『日本の環境を守る若武者育成塾』 参加グループ決定のお知らせ

若武者育成塾トップへ戻る

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。