• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

アルコール・ハラスメントチェック

飲酒マナーは、すべての人がお酒を楽しむためにある。/実は、酒の席でのマナーって、つい忘れてしまうこともあります・・・、そんな方のために、私たちが最低限守るべきマナーについて、しっかりチェックしましょう

お酒を楽しむために守るべきマナー

お酒を楽しむために、最低限守りたいマナーがあります。以下の4点は、ぜひ心に留めておいてください。

  • 飲めない体質の人に配慮しましょう

    アルコールの分解能力には個人差があります。お酒が飲めない体質の人には無理に勧めてはいけません。

  • 女性に配慮しましょう

    一般的に、女性の方がアルコールに酔いやすいので、たくさん飲ませすぎないよう気をつけましょう。

  • 迷惑行為はやめましょう

    酔って暴言を吐いたりからむなど、電車やバス内での迷惑行為は絶対にしないでください。

  • 飲酒シーンに注意しましょう

    通勤電車やバス、駅や公園など、ふさわしくない場所では、飲酒を慎みましょう。

最低限守りたいマナー

あてはまったらアルコール・ハラスメント

アルコール・ハラスメントには、以下の定義があります。もし、思い当たることのある方は、すぐに考えを改めてください。

アルコール・ハラスメント【アルハラ】

アルハラとはアルコール・ハラスメントの略。
飲酒にまつわる人権侵害です。命を奪うこともあります。

  • 1.飲酒の強要

    上下関係・部の伝統・集団によるはやしたて・罰ゲームなどといった形で心理的な圧力をかけ、飲まざるをえない状況に追い込むこと。

  • 2.イッキ飲ませ

    場を盛り上げるために、イッキ飲みや早飲み競争などをさせること。「イッキ飲み」とは一息で飲み干すことで、「早飲み」も同じこと。

  • 3.意図的な酔いつぶし

    酔いつぶすことを意図した飲み会は、傷害行為にもあたる。ひどいケースでは吐くための袋やバケツ、「つぶれ部屋」を用意していることもある。

  • 4.飲めない人への配慮を欠くこと

    本人の体質や意向を無視して飲酒をすすめる、宴会に酒類以外の飲み物を用意しない、飲めないことをからかったり侮辱する、など。

  • 5.酔った上での迷惑行為

    酔ってからむこと、悪ふざけ、暴言・暴力、セクハラ、その他のひんしゅく行為。

出典:イッキ飲み防止連絡協議会「アルハラの定義5項目」
(2003年3月一部改定)より

あなたのアルハラ度をチェック!

当てはまると思う項目はありますか?あなたのアルハラ度を確認してください
  1. 練習すればアルコールは強くなれると思う
  2. 吐く人のための袋・バケツ・つぶれ部屋を用意している
  3. 先輩から注がれたら、断っちゃいけない
  4. みんなで酔っぱらってこそ仲間との一体感が生まれる
  5. 飲み会はちょっとぐらい無茶しないと、楽しくならない
  6. ソフトドリンクを飲むなんて、ありえない
  7. 酔ってるんなら、多少の暴力や暴言はしょうがない
  8. 女だったら、お酌をするのが当たり前だ
  9. 未成年者でも、少しぐらいなら飲ませたって平気だ
  10. 場を盛り上げるイッキコールを3つ以上知っている
  11. 体質的に飲めない人なんて、いるわけない
  12. 男だったら飲めないとかっこわるい

出典:イッキ飲み防止連絡協議会
「アルハラ度チェック」より

この中で、1つでも当てはまったら、あなたはアルコール・ハラスメントをしている可能性あり。数が増えるほど、アルハラ度も上がっていきます。アルコール・ハラスメントをしないのは、最低限のマナーととらえておきましょう。

国の法律も、過度の飲酒がおよぼす害を規制している。

日本には、昭和36年に制定された、「酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律」という法律があります。これは、過度の飲酒が個人や社会に及ぼす害を規制する法律で、「すべて国民は、飲酒を強要する等の悪習を排除し、飲酒についての節度を保つように努めなければならない。(第2条)」と定めています。
つまり、無理やり人にお酒を勧めることは、法律でも禁止されていることです。

お酒を無理に勧めることは、法律でも禁じられているんですね/お酒は、一人ひとりが自分のペースで楽しむことが大切なのです

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。