• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

エタノールパッチテスト

エタノールパッチテスト

お酒に「強い」か「弱い」かが、簡単にわかるパッチテストもあります。
お酒を飲まなくてもわかるので、未成年者でも体質を知ることができます。

(考案者 独立行政法人国立病院機構 久里浜アルコール症センター 樋口 進)

  • 70%のエタノール(消毒用アルコール)を2〜3滴、絆創膏(薬剤のついていないもの)にしみこませる。

  • 上腕の内側など皮膚の柔らかいところに貼る。

  • 7分後に絆創膏をはがし、皮膚の色を見る。

  • さらに10分後に(すなわち最初に貼ってから17分後)皮膚の色を見る。

判定結果  チェックポイントAで、貼った部分が赤くなった場合→お酒を飲めない体質  チェックポイントBで、貼った部分が赤くなった場合→お酒に弱い体質  チェックポイントA・Bで、どちらも変化がなかった場合→お酒を普通に飲める体質 ただし飲みすぎが問題になる体質でもあります。 ※アルコールを毎日飲む人は、正しく出ない場合があります。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。