• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

お酒の健康への影響

適度な飲酒なら、健康面での心配はいらない お酒を飲むと、どうしても健康のことが気になってしまうなぁ 正しい知識があれば、 きっとそういった心配も減りますよ!

お酒のエネルギーは、アルコール由来と、糖質由来のものがある

お酒のエネルギーには、アルコールに由来するものと、糖質に由来するものの両方が含まれます。 適量といわれるアルコール20gのエネルギーは、140kcalに相当します。 糖質は、本来、私たちに欠かせない大切なエネルギー源ですが、摂り過ぎると肥満や生活習慣病の原因にもなります。一般に、ビールには100ml当たり3.0g程度の糖質が含まれています。 また、日本酒には5.0g、梅酒には17.6g、 赤ワインには1.5gの糖質が含まれていますが(すべて100ml当たりの糖質)、蒸溜酒であるウイスキーや焼酎などは糖質を含んでいません。

ビールのプリン体は、痛風の発症にほとんど影響しない

痛風は、血液中の尿酸濃度が高くなり、それが結晶化することで関節などが腫れて痛くなる病気です。原因の大半は、尿酸を排泄する腎臓の機能の衰えによるもの。よって、飲食品から摂取するプリン体※の影響は小さいと考えられます。
ビールにもプリン体は含まれますが、レバーやエビなどの食品に比べると、数十分の一程度とわずかな量です。健康な方が適量のビールを飲む分には問題ありません。 ただし、尿酸値の高い人や痛風の人は話が別です。アルコール自体に、プリン体の分離を早めて尿酸を生成しやすくし、腎臓からの尿酸の排泄を少なくし、尿酸濃度を高める働きがあるので、ビールに限らずお酒全般をできるだけ控えてください。

※プリン体・・・タンパク質の生成過程ではたらくDNAになる成分の総称。動物の肉や内臓に多く含まれ、これが分解されると尿酸になります。

食事中のプリン体含有量

食品名 プリン体
含有量

(mg/100g)

煮干し、かつお節、干ししいたけ、鶏レバー、丸干しいわし、豚レバー、
大正えび、まあじ、牛レバー、など
特に多い食品
100〜400
まいわし、かつお、車えび、大豆、牛心臓、するめいか、にじます、生さんま、
あさり、など
多い食品
50〜100
コンビーフ、焼きちくわ、えのきたけ、ほうれんそう、ベーコン、プレスハム、
カリフラワー、など
少ない食品
20〜50
ビール、鶏卵、野菜、果物、コーヒー、牛乳、プロセスチーズ、すじこ、
小麦粉、かずのこ、ごはん、焼きかまぼこ、など
ほとんど
含まない食品
0〜20

出典:「痛風 痛みと尿酸を抑える」細谷龍男著、
法研発行、1994より

ビールが持つ、利尿作用

ビールには、アルコール・カリウム・水分の相乗効果による、利尿作用があります。「アルコールが抗利尿ホルモンの分泌を抑えること」、「カリウムが新陳代謝を活発にすること」、「水分が大量に含まれていること」の3つ。トイレには、我慢せずに行くようにしましょう。 ただし、ビールなどのアルコール類の飲みすぎは、細胞内の水分を減らし、脱水症状をきたす危険性もあるのでご注意ください。

今まで誤解していたのね 飲みすぎに注意しながら、 お酒と健康的な付き合いをしていきたいですね

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。