• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

考えてみよう!お酒と健康の関係

お酒の“強さ・弱さ”とは?健康へのリスクとは?
飲酒と健康の関係について、知っておいていただきたい3つのポイントをご紹介いたします。

  • POINT1

    お酒に対する
    「強い」「弱い」は遺伝する

    アルコールが体内に入って肝臓などで分解される際に発生する悪酔いの原因となる物質アセトアルデヒド。これを素早く分解する酵素ALDH2を、日本人の半数近くの人が持たないか、その働きが弱いのです。

    詳しくはこちら

    日本はお酒に弱い人が多い 「ALDH2」を持たないかその働きが弱い人の割合

    樋口進 編「アルコール臨床研究のフロントライン」より

  • POINT2

    節度ある適度な飲酒が大切

    多量飲酒が続くと生活習慣病リスクを高めます。節度ある適度な飲酒を心掛けなければなりません。

    詳しくはこちら

    国が定める節度ある適切な飲酒

    厚生労働省 健康日本21より

  • POINT3

    “酔い”とは、
    アルコールによる脳の麻痺

    酔いには段階があります。

    詳しくはこちら

    “酔い”の段階

    公益社団法人アルコール健康医学協会ホームページより

詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。