• はい
  • いいえ

  • はい
  • いいえ

「アサヒビールの取り組み」と
「啓発ツール」

アサヒビールでは、未成年者飲酒防止や飲酒運転防止のため、さまざまな啓発活動を行っています。
無償でご提供している啓発ツールもございますので、ぜひご活用ください。

アサヒグループ 適正飲酒についての
基本方針・行動指針はこちら

未成年者飲酒防止・小学生向け啓発ツール
「どうする?どうなる?お酒のこと」

小学生向け啓発ツール『どうする?どうなる?お酒のこと』

未成年者の飲酒を防止する啓発活動の一環として、小学生向け啓発ツール「どうする?どうなる?お酒のこと」を 制作・配布しています。

パタパタめくれるユニークな形が好評で、主な対象である小学5・6年生はもちろん、他学年や中学生でも楽しみながら手軽に読める内容です。

友人やご家族とコミュニケーションをとりながら、未成年者飲酒の問題点や対処方法を学べ、教科書の副教材や学校での啓発活動にご利用いただいています。

※2008年、第6回消費者教育教材資料表彰で「優秀賞」を受賞し、
さらに「優秀賞」受賞教材の中から、2009年に「特別賞」を受賞しました。

ツールのお申し込みはこちら

全国からお寄せいただいた利用者の感想をご紹介します

  • パンフレットの大きさ、自分でクルクル開けられる工夫、カラー版などとてもよかったです。次々と開きながら、児童がとても興味を持って活用しました。(小学校)voice
  • とても楽しい資料で、子どもたちは、「ワッ、これナニ?」「どうなってるの?」などと言いながら、本質に迫ることができました。(小学校)voice
  • 見やすい絵入りで、興味深い工夫がしてあって、子どもたちは一生懸命見ていました。「すごい!おもしろい!」と言って、関心を持って話も聞いてくれました。(小学生)voice
  • めくると次が見えるという作りは、子供たちの興味をひきだしてよかった。楽しそうにやっていました。(小学校)voice
  • 子どもたちはとても興味深そうにながめていました。非常にわかりやすい表現で、先生たちからも好評でした。(小学校)voice
  • 教科書の内容に沿ったもので活用しやすかったです。(小学校)voice
  • 伝えなければいけない内容がよくまとめられているとともに、子どもがパズル感覚で遊びながら学習することができました。(小学校)voice
  • 「家に帰ってお父さんに見せてやろう」とか、家の人に話をするために大切にランドセルにしまっていました。(小学校)voice
  • イラストを使用してあり、中学生でも興味深く読んでいました。(中学校)voice

未成年者飲酒防止・小学生向け啓発ツール(Webサイト)
「アサヒ夢学園」

未成年者飲酒防止・小学生向け啓発ツール(Webサイト)「アサヒ夢学園」

未成年者飲酒防止のために、飲酒問題やアルコールのカラダへの影響をわかりやすく解説していくWebコンテンツです。
クイズや、ロールプレイング紙芝居を通して、未成年者飲酒の問題点や飲酒を誘われた際の対処法を、わかりやすく学ぶことができます。

「アサヒ夢学園」サイトへ

未成年者飲酒防止キャンペーンの実施

「STOP!未成年者飲酒」シンボルマーク

「STOP!未成年者飲酒」
シンボルマーク

ビール業界では、未成年者飲酒防止の取り組みとして、キャンペーン「STOP!未成年者飲酒プロジェクト」を2005年から開始し、ビールメーカー5社が歩調を合わせて推進しています。

「ビール酒造組合」サイトへ

アサヒビールの飲酒運転防止啓発活動

飲酒運転防止のため、アサヒビールではビール工場やアサヒビール園で飲酒運転防止を呼びかけたり、メディアを通じた啓発活動を行っています。

たとえ試飲でも、車の運転はNG!
「飲酒運転防止バッジ」

飲酒運転防止バッジ

ビールなどの酒類を製造する工場では、見学に来られたお客様を対象に、
製造した酒類の試飲を実施しています。ただし、車で来場されたお客様は、
試飲ができません。

受付時、帰りに運転されるかを確認し、「飲酒運転防止バッジ」などを
着用していただくことで、試飲会場で間違って試飲をお勧めしないように努めています。

また、工場内の各所に飲酒運転防止を呼びかけるポスターや看板などを設置したり、
スタッフも「飲酒運転防止バッジ」を身につけています。

全店で飲酒運転の撲滅を目指す!
アサヒフードクリエイト(株)の取組み

全国で飲食店を展開する、アサヒフードクリエイト(株)では、全店を挙げて飲酒運転の防止に取組んでいます。
店内で未成年者飲酒や飲酒運転防止を呼びかけるポスターなどを掲示しているほか、メニューへの未成年者、
ドライバーに対するアルコール類の提供をお断りする表示を行っています。

飲酒運転防止の呼びかけを強化
メディアを通じた啓発活動

飲酒運転の撲滅に向け、テレビCFや新聞・雑誌などの広告、飲食店様向けのポスターなどで、
積極的な啓発活動を展開しています。

飲酒運転を許さない
営業・配送での取り組み

アサヒビールの全支社・支店では、全営業担当者がアルコールチェッカーで確認後、営業車両を運転しています。
また、全工場・配送センターで、全乗務員が毎日、始業前にアルコールチェッカーで確認後、配送をする一方、
安全に関する研修会を定期的に開催し、飲酒運転撲滅の啓発活動を行っています。

適正飲酒啓発冊子
『適正飲酒のススメ』

適正飲酒のススメ

適正飲酒のススメ

アサヒビールをはじめビール会社5社による「ビール酒造組合」 では、お酒の特性と効用、また誤用によるマイナス面をきちんと理解していただくことを目的に冊子『適正飲酒のススメ』を作成しています。

健康的に楽しくお酒とつきあうためのポイントを簡単にわかりやすくまとめていますので、ご家庭や学校などでの教材としてご活用ください。

ツールのお申し込みはこちら
(ビール酒造組合HPへ移動します)

ビール酒造組合のWebサイトでご請求いただいた皆様に無償でお送りしています。

  • 冊子のお申し込みからお届けまで10日前後かかることがございます。
  • 冊子の発送は日本国内のみに限らせていただきます。あらかじめご了承ください。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。