品質への取り組み

1.新商品開発

安全・品質を確保した新商品開発
新たにお客さまにご提案する商品が、“安全で安心な商品”として
十分な設計品質を満たすように、お客さまのご意見を活用しながら、
新商品開発における品質確保を徹底しています。

新商品開発における取り組み

みなさまの声を大切にしています

お客さま、お得意さまの声を商品開発に
反映させるように努めています。

100項目もの品質検査

チェック項目12分類・100項目にも及ぶ
品質検査を行っています。

お客さまの飲用シーンを
想定した容器選定

開封のしやすさ、飲みやすさなど
多様な観点から検討しています。

商品開発工程の最終ゲート
「新商品開発プロセス確認会議」

さまざまな部門のスタッフにより、
商品の安全性確保を徹底しています。

2.原材料調達

品質検査・監査を経た原材料調達
安全で高品質な原材料のみを調達するためにサプライヤーへの
定期的な品質監査を行うとともに、調達後も検査をしっかりと行い、
調達した原材料の安全を確認しています。

原材料調達における取り組み

安全で高品質な原材料のみを調達する
5つの取り組み

さまざまな面からサプライヤーを選定し、契約
を締結したうえで供給を確保しています。

調達した原材料の品質を確認

日々の原材料の受け入れ時・使用時に品質や
安全性を確認しています。

システムによる
原材料情報の一元管理

原材料情報の一元管理システムにより、
原材料の迅速な検索を可能にしています。

放射性物質に関する
品質保証体制について

放射性物質についての自主検査を行い、
安全性の確認を徹底しています。

「水」の安全管理

独自の検査項目を設け、その安全性と
ビール醸造への適性を検査しています。

3.生産

品質保証システムに基づいた生産
アサヒビールは、確かな品質の製品をお届けするため、リスクを限りなく
ゼロに近づけるためのさまざまなシステム・制度を導入しています。

生産における取り組み

品質が保証されたものだけを出荷
「太鼓判システム」

品質が確保されるまで次の工程に進めない
システム設計となっています。

品質へのリスクを、ゼロへ

品質リスク要因をゼロに近づけるための
考え方を体系化し、実践しています。

6つの品質管理ポイント

各生産工程において、6つの視点・方法で
品質を管理しています。

品質保証を支援する
製品保証センター

グループ各社の品質保証も製品保証センターに
より支援しています。

良い製品をつくり続けるための
「技能の向上と伝承」

技能レベルの高い技術者を認定する制度を
導入し、伝承を図っています。

4.物流

「できたて品質」にこだわった物流
工場における「できたて品質」を保持したまま、商品をお客さまの元にお届けするために、スピーディーな出荷・配送や、品質を劣化させない工夫など、物流段階においてもさまざまな取り組みを行っています。

物流における取り組み

「できたて品質」をお届けする
ためのスピーディーな出荷・配送

商品を最適のタイミングで効率的な
納品を行うよう努めています。

「できたて品質」の輸送手段

荷積み・荷降ろし時や輸送時に、品質劣化を
防ぐための取り組みを行っています。

5.流通/販売

関わるみなさまと取り組む流通/販売
安心・安全かつ、お客さまの飲む瞬間の満足を高めるために、
卸店さま、販売店さま、飲食店さまとともに、「飲むとき品質」にこだわり、
そのために徹底した品質管理を行っています。

流通/販売における取り組み

営業担当者が迅速かつ丁寧な対応を
行うための「商品知識研修」

商品知識研修により、商品不具合発生時の
対応の質を高めています。

お手元の商品の製造工場を検索できる
「アサヒビール クオリティアクセス」

お手元の商品がどの工場で
つくられたかをお知らせしています。

利便性が高く効率化を追求した
樽生ディスペンサーの開発

樽生ビールのロス防止や洗浄警告が可能な
業界初の樽生ビール機器を共同開発しました。

「うまい!樽生」を提供するための
「樽生クオリティセミナー」

飲食店を対象にしたセミナーにより、
プロフェッショナルを育成しています。

6.商品表示/広告宣伝

お客さまに信頼される商品表示/広告宣伝
「お客さまに信頼される表示・表現」をめざし、社内で審査・検討する機関の
運営や、詳細な規程を定めて遵守・徹底しています。

商品表示/広告宣伝における取り組み

「お客さまに信頼される表示・表現」を
めざします

適切な表示・表現に細心の注意を
はらっています。

毎週開催される「表示審査会」

表示審査会で審査を受けた商品や
広告宣伝物のみ市場に出しています。

情報を分かりやすく表示・
表現した商品パッケージ

お客さまの声や社会的要請を踏まえた情報を
分かりやすく掲載するよう心掛けています。

「広告宣伝自主基準」に
則った広告宣伝

詳細な規程を定め、適正飲酒に反するような
表現などを自主規制しています。

品質への取り組みトップへ

ページの先頭へ戻る
公式SNS一覧
メルマガ登録

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。