品質への取り組み

原材料調達 放射性物質に関する品質保証体制について

当社は、お客さまに安心してご利用いただける安全で高品質な商品をお届けするため、平素より徹底した品質管理に取り組んでいます。
さらにご安心いただくため、放射性物質(セシウム134、セシウム137)の精密測定が可能なゲルマニウム半導体検出器を導入し、アサヒビール(株)およびニッカウヰスキー(株)の各工場について、自主検査を行い、安全性の確認を徹底しています。
なお、放射性物質の測定は、「食品中の放射性物質の試験法について」(2012年3月15日厚生労働省食品安全部長通知)に準拠して実施しています。

製造に使用する水は、行政が発表する情報を迅速に把握し、工場毎に頻度を決めて自社でも検査を行っています。

2011年以降に収穫された国産原料について、行政のモニタリング情報やサプライヤーの検査結果を入手するとともに、必要に応じて自社でも検査を行っています。

放射性物質に関する品質保証体制について

放射性物質に関する品質保証体制について

放射性物質に関する品質保証体制の更新履歴

品質への取り組みトップへ

ページの先頭へ戻る
公式SNS一覧
メルマガ登録

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。